2020年1月18日土曜日

京阪京津線に乗ってみた。

水曜日から京都に泊まって、木・金は大津で仕事。

木曜日は他のメンバーと同一行動でJRを使ったけど、金曜日は一人で早朝に出発。
京都から大津に行くなら、乗ってみなくては。
見どころ満載。

烏丸御池駅から京都市営地下鉄東西線、御陵駅手前から動画をとり始めた。>YouTube

車内の自動アナウンス
「みささぎ、みささぎ、この電車は京阪京津線方面、びわ湖浜大津行きです。六地蔵方面はお乗り換えです。
向かい側3番線の電車にお乗り換えください。」
お乗り換え のイントネーションが京都(^^)v
最初に気づいたのは 20年前に乗ったバス。そのときと変わっていない。

最後尾。車掌はいないので、ワンマン運転。ドアの開閉は画面を見て運転手がやるようだ。
駅の固定カメラから、電車に送られるようだ。駅に着くとモニターに映る。(動画1:00ころ)
「扉締まります」・・・運転手さんは女性かな。
この先が、京阪京津線。


3:30 トンネルから出る。

4:00 京津線はカーブで水を撒いている。騒音対策らしい。
この先、カーブのたびに散水されている。

10:40 ぐんぐん上る40パーミル。左の道は国道1号線。右の高速道路は名神高速道路。

12:25 テレビによく出る、大谷駅のベンチ。
傾斜のあるホームで、座面を水平にするために脚の長さが違う。

16:41 上栄町駅。散水中。

17:16 ここまででも見どころ満載なのに、4両編成のまま路面電車になるのが強烈。

路面電車なので、信号待ちもする。
信号待ち中に駐車車両がいると、車は進めない。

交差点


別の角度から




もう一つの線路は、京阪石山坂本線。

0 件のコメント:

コメントを投稿

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.