2019年7月31日水曜日

鯨偶蹄目

県立中央博物館で数学の研修会。

午前中はワークショップと講演。


午後は常設展示と、企画展示の見学。
数学の先生方だから、安心して難しい話ができるとのことで、
「ロジスティック回帰の話をここでするのは初めてw」
ロジスティック曲線は数IIIでグラフを描かせたことがある。数IIIくらいになると、数学が社会にどう役立っているのかいろいろネタが多い。

企画展示は「ほにゅうるい」

今回、クリビツだったのが、「鯨偶蹄目」という分類。つまりクジラ、ウシが同じくくりということ。
研究員の方の情熱がすごい。

FBに書いたけど、自販機前の立ち飲みテーブルが、子供にはあぶないようだ。
花崗岩のテープル

0 件のコメント:

コメントを投稿

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.