2019年3月16日土曜日

サイドスタンド

昨日のチコちゃんで,自転車に左から乗る理由をやっていた.
「左足が軸足で,右足が利き足だから」
というもの.
目を閉じて片足で立つ実験でも,左足のほうが長い人が多かった.
最後にダパンプのダンスの画が流れていたが,まさに,左が軸足で,右足を振っていた.

そうなるのは,
「胎児のときに左耳が母親の背骨に近くて,左の三半規管が発達し左足が軸足のほうが安定する.」
というのも興味深い.

単車のサイドスタンドが左なのは,日本が左側通行だからだと思っていたが,自分のアメ車を見ると世界共通のようだ.自転車もだ.
日本の警察は,安全上の理由から左から乗るように推奨しているようだが,右側通行の国でも,左から乗るようだ.

スポーツターのサイドスタンドは,日本車よりも傾く.
というのも,右側通行の国では,わずかに右に傾斜している道の右側に停める関係で,サイドスタンドの角度が日本車より真横に近い.

これで,わずかに左に傾斜している左端に停めると,余計に傾くのだ.

でも,日本車のサイドスタンドは,先端が細くて真下に近い方に向いているので,舗装路じゃないと地面に突き刺さって,傾きが大きくなる.大型車なんか転倒するのではないかと思うくらいである.以前乗ってた XJR1300 を砂利道や柔らかい地面で止めるのことは考えられなかった.

スポーツスターのはずいぶんと角度が浅くて,そういう心配がない.

さらに,サイドスタンドを出して傾けると,スタンドがロックして動かないのも安心.日本車はサイドスタンドで立てて押したらスタンドが外れてしまう.少なくとも XJR1300 はそうだったのでサイドスタンドのときは1速に入れていた.スーパーカブも.

0 件のコメント:

コメントを投稿

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.