2011年3月10日木曜日

ARRL DX ログ提出方法

という言葉で,自分のページが最近よく検索される.

パソコンが苦手な人や,初めての人には,結構ハードルが高いのかもしれない.
方法は cabrillo 形式のテキストファイルを作って,指定のメールアドレスに添付として送るだけである.件名(Subject)は自分の callsign で.
自分が初めて cabrillo を作ったのは,昨年のLet's A1.一度作ってしまえば,いつも同じである.その後 cabrillo を出したのはUKURAINIAN DX CONTEST,QRPp参加したCQ WW DX

さて,先日のたった3件(笑)の QSO のcabrilloファイルの中身は以下の通り.(ログの中身は変えてあります.)
START-OF-LOG: 3.0
LOCATION: DX
CONTEST: ARRL-DX-CW
CALLSIGN: JG1BGT
CATEGORY-OPERATOR: SINGLE-OP
CATEGORY-TRANSMITTER: ONE
CATEGORY-POWER: QRP
CATEGORY-ASSISTED: NON-ASSISTED
CATEGORY-BAND: ALL
CLAIMED-SCORE: 18
OPERATORS: JG1BGT
NAME: UJIIE Satoru
ADDRESS: 2-10-10 Hujigokoro
ADDRESS-CITY: Kashiwa-shi
ADDRESS-STATE-PROVINCE: Chiba-ken
ADDRESS-POSTALCODE: 2770034
ADDRESS-COUNTRY: JAPAN
QSO:  7023 CW 2011-02-19 0801 JG1BGT        599 0R5    K6QRA         599 599CA  0
QSO:  7021 CW 2011-02-19 0812 JG1BGT        599 0R5    NR6QSO        599 599CA  0
QSO:  7029 CW 2011-02-19 0823 JG1BGT        599 0R5    N7QTH         599 599WA  0
END-OF-LOG:
ログの部分が長いので,このブログでは右の方が切れてしまうが,コピペするとちゃんと書かれています.

Cabrillo 形式を出すソフトがあるのだろうが,自分はいつもサマリの部分はテキストエディタで手書きしている.
ログの部分は,ハムログから CSV に落として,スプレッドシートに読ませ,そこから一つ一つのフィールドを整形.
たとえば,周波数のフィールドは
=IF(W4=50;" 50";IF(LEN(INT(W4*1000))=4;" "&TEXT(INT(W4*1000);"0000");TEXT(INT(W4*1000);"00000")))
のような式で整形している.
で,それぞれ整形したフィールド
QSO: freq mo date time call rst exch call rst exch t
を連結する式
=B4&" "&C4&" "&D4&" "&E4&" "&F4&" "&G4&" "&H4&" "&I4&" "&J4&" "&K4&" "&L4&" "&M4
を作って,そこからテキストエディタにコピーしている.自分のチョボチョボのログなら,こんな程度で十分.
ファイル名は callsign.cbr

もっと件数が増えるようならログソフトから直接出したほうがカンタンなのだろうけれど.

これを,DXCW@arrl.org に出す.
件名は自分の callsign.
本文は,
Dr OM
ARRL DX CW 2011 LOG

de JG1BGT
とだけ書いたけれど,これでいいのかは知らないが,人が読むのではないから,何も書かなくてもいいのだろう.
ただし,件名,添付ファイル名,本文に全角文字が入らないようにしなければならないと思う.つまり,件名が「JG1BGT」だったり,添付ファイル名が「JG1BGT.cbr」は不可.JG1BGT でなければならない.空白に全角を使ってもたぶんダメ.
試してはいないけれど,おそらく何か面白くないことが起こると思う.どれくらい面白くないことかというと,「原因不明のエラー」の連発となるのだろうな.

日本のパソコンで人間が読めば同じだけれど,読ませる相手は機械である.機械にとっては半角と全角は異なる文字コード.
ということを,「情報」の授業では,HTMLやプログラムを書くときに何度も説明する羽目になるw
また,人間が見るとしても,外国人が見るパソコンに全角フォントが入っている保証は無い.
自分は,「文字コードは一つの文字に一つだけであるべき」という考え方を持っている.つまり,全角のアルファベットや数字,空白,記号は混乱の元凶だよね.全角文字などというローカルルールは,海外に出してはならない.


ほどなくして,次のような自動受付メールが届く.
2011 ARRL International DX Contest, CW

            Callsign: JG1BGT
                      Single Operator, All Band, QRP Power

   Category-Operator: SINGLE-OP
Category-Transmitter: ONE
       Category-Band: ALL
      Category-Power: QRP
   Category-Assisted: NON-ASSISTED
            Location: Outside US and Canada - DX
                Name: UJIIE Satoru
             Address: 2-10-10 Hujigokoro
        Log Deadline: 2011-03-23 00:00:00 UTC
         Received at: 2011-02-22 15:11:35 UTC
       Reported QSOs: 3
      Confirmation #: 4131284.arrl-dx-cw

Thank you for entering the contest and submitting your log in Cabrillo
format.  Please review the information listed above and, if necessary,
resubmit the log to make any corrections.

73.

ARRL Contest Branch

追記:
ARRL DX CW 2011 結果

2 件のコメント:

  1. 私の場合は添付ファイルではなくて,本文が cabrillo の本体をそのままペーストです.subject は自分のコール.

    返信削除
  2. Let's A1 の「電子ログの受付について」には,
    > ログは決してメール本文に貼り付けないで下さい、ファイル添付で御願いします
    とあったので,ずっと添付していました.
    > メールの自動折り返し機能でデータが途中で自動改行
    という問題がなければ,もともとテキストなのだから,本文貼り付けがいいですね.

    返信削除

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.