2010年8月4日水曜日

移動に苦労したインターハイ

移動に苦労した5泊6日だった.

逆井からだと,朝の集合時間6:45には始発に乗っても間に合わないので,出発前日7/26に船橋のカプセルに1泊.
個人的には6泊7日になった.

事前の資料には,空港と試合会場と,宿泊地を連絡する専用の有料バスを出すと書いてあったので,那覇空港に着きインターハイ関係者に聞くと,「名護への専用バスはない」.
まぁ路線バスがある場所だからだろう.

念のために,空港⇔名護(泊地)⇔金武(試合会場)の路線バスをすべて調べ上げておいてよかった.

初日7/27 は,まず,高速バスで那覇空港から名護バスターミナルへ.
名護バスターミナルからは本部半島線(渡久地廻り)に乗り継いで,山入端まで.
本部半島線は,名護バスターミナルから出ると,目的地とは逆方向に走り始め,市役所を通り,社会保険事務所の方から名護の市街地を走り,市役所北側を通って,また名護バスターミナル近くの宮里に戻ってから向かうので時間がかかる(時刻表では23分).
もし,宮里のバス停から乗れば,10分かからないと思う.

そして,ホテル前の交差点を右折し,100mほど行ったところに山入端バス停.
「ホテルだったんですか? 言ってくれればホテル前で止まったのに」
とのこと.まぁみんなで歩くのも悪くはない.

山入端ってなんて読むのかと思ったら,
「次は,やまのは」
なるほど・・・

7/28 は,練習と諸会議と開会式.
朝は練習会場の金武中学校へ直接向かうことにした.
全部バスならまず名護BTへ行き,そこから名護東線に乗り継いで,金武農協前までだが,金武に8時に着くようなバスはないので,全部タクシー.5000円ジャストだった.
タクシーの運転手さんは「山入端」さんだった.

練習会場と,試合会場の間は,無料シャトルバスが出ていた.
自分は練習中,中学校から試合会場まで歩いてみたが,まぁ10分くらい.もちろん,試合道具一式持っての移動は大変.

名護のホテルへの帰りは,路線バス名護東線.これが,なんだか20分近く遅れて到着.
名護BTからホテルへいくバスに間に合わず,タクシーで.
でも4人分のバス代よりずいぶん安かった.

7/29 も,朝は直接会場へタクシー.
帰りは,バスの時間が合わずに,やはりタクシー.でも,バス代とほとんど変わらない.
7/30 も,朝は直接会場へタクシーで,帰りは名護BTまでバス,そこからはタクシー.

7/31 も,朝は直接会場へタクシーで,帰りは前日と同じ時間の名護BTまでのバス・・・
時間になっても,バスが来ない.まぁ初日も20分くらい遅れたからな,と待ち続けて,時刻表を見ると,
「◆:土曜運休」orz
次のバスまで15分のところで気づいたので,そのまま待ち続ける.名護BTからはタクシー.
いつもより,1時間遅くなったが,まぁ,翌日は帰るだけ.

8/1 はホテルから名護BTまでタクシー,BTからは高速バスで那覇空港.
羽田から柏まではバスで,帰宅した.

生徒を乗せて運転できない規則だからしかたないけれど,沖縄での移動は,やはりレンタカーだよねぇ.

沖縄 QRV

>>沖旅行記一覧

0 件のコメント:

コメントを投稿

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.