2007年4月17日火曜日

矢印

「矢印を継ぎ足したのがベクトルの和なんて,子供だましみたいだけど,こんなことで,たかが矢印に計算構造がはいるなんてすごいでしょー.そうでもないか?」

「『あたりまえ』で済ませられる人は理系の中でも,『使う数学』つまり工学系などに向いている.それが15へぇくらいなら『突き詰める数学』つまり理学系に向いている.」
「あたりまえ」で済ませられないところが,数学人間の性だ.

今年は数学Bの授業担当.
実はこの数学Bは芸術の裏科目なのでなんと,2時間連続である.
芸術選択者は脳をリラックスさせる2時間だが,数学では2時間連続で,万力で頭を締め付けるように脳にストレスを与える.
「でも,その状態が脳を活性化させて,頭がよくなるんだよー」
以前の記事「楽しいなー」

それにしても,2時間目の終わり,生徒は本当にへとへとになっているのがわかる.

0 件のコメント:

コメントを投稿

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.