2007年1月23日火曜日

メール実習

情報の授業の最後はメール実習.

これ自体は「情報A」の内容なのだが,情報の授業で一度もそれを扱わないのはどうかと最後に持ってきた.

県のサーバでも,生徒の実習用にアカウントを発行してくれるらしいが,まぁはっきりいって使いづらい.
いわく「申請」だの「許可」だのの世界になる.

ということで,Gmail のアカウントを皆で取得して実習.

そして,「諸君のケータイメールの常識では,社会で恥をかくぞ」ということで,
ネチケットガイドラインを元に作成した教材で,マナーなど.

ケータイメールで気づくことは
1.件名を書かないor 意味不明の件名で,件名一覧で何のメールかわからん.
2.誰が送ったメールなのかアドレスを注意深く確認しなければわからん.
3.見えない絵文字

普通のメールでも,初心者が陥りやすいことに
4.To Cc のでたらめな使い方.
5.勝手に添付(ウィルスかどうかを確認が必要)
6.巨大な添付(メールのダウンロードに数分)
初心者は「ファイルサイズ」という概念が無いから,誰かが教えてあげなければならない.

他のマナーとして,
文頭に「○○さんへ.くろべえ です」と明記することとか,
To,Cc,Bcc の使い分けとか,
30文字程度で改行を入れることとか,
返信の引用は必要な部分にとどめて全文を引用しないとか,
間違ってMLに私信を投げないとか.

以前,MLに投稿した文に返信したと思われる私信が,MLに流れたことがあった.

0 件のコメント:

コメントを投稿

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.