2006年8月8日火曜日

日本海へ

6時前に起床するが,前日何も用意をしていない.
「忘れ物をしないようにちゃんと前の日に用意をしなさい」
とはよく言ったもので,先日の横浜遠足の引率ではディジカメは忘れるは,靴は左右違うものを履いていくは・・・
でも,どうしても,当日に準備をして忘れ物をするのだよな.
「忘れ物をしないようにちゃんと前の日に用意をしなさい」
とは,それができない私のような大人の自戒を言葉なのだろう.

で,今回も当然のことながら,いろいろと忘れ物をした.
1. 家にたくさんある旅行用の歯磨き
2. 家にたくさんある旅行用の洗顔フォーム
 → コンビニで買ってまた増える.

XJR1300
とりあえず,こんな雰囲気.

当初の考えでは日本海沿いを走りたかったので,群馬県から新潟県に出て,十日町市から上越市に向かい,「東尋坊を見たい!」と思っていたが,台風7号が接近しているので,西のほうはやばいかも.空を見ても,西の空は黒いが,北には青空が見える.
7:50出発.

ということで,北上して新潟県に入ったら,北上して新潟市に向かい,山形県くらいまで行ってみるかな? と思う.

台風の影響でちょっと雨が降り出したので,カッパの上だけを羽織る.
ズボンも少しぬれるが,気温が高い上,モーターの熱風で走っているうちに乾いてしまう.

青空を目指し,「西じゃなくて北」とぼんやり県道8号(船取線)を北上したが,走りながらルートを考えると,「関越方面だからまずは三郷じゃん」
六実駅方向へ左折.自宅からすぐに西へ向かえば,昔有料道路だった広くては走りやすい道があるのに,五香の渋滞にはまったり,稔台の渋滞にはまったり・・・距離も時間もロス.
黒雲の西の空に向かって走る.「どうか雨が降りませんように」

七畝割でR6に入り,すぐ R298へ.だいぶ道が完成していて走りやすくなった.
雨も強くなるが,ほとんどが高速道路の高架の下なので,濡れない.
特に草加ICの付近では土砂降りっぽかったのだが,ずっと高架の下だった.川口JCの辺りでは雨が止んだというより,晴れて地面も乾いていて,雨の降った形跡すらない.

美女木で右折の予定で,「たぶん,『→高崎』のように出ているだろう」とそれだけを意識して突っ走るが,いつの間にか大きな橋と「荒川」,「彩湖」の表示.
「そういえば以前テレビで「彩湖」のマナーを取り上げた番組があったなぁ・・・げ,美女木を通過してしまった.」
橋の先の交差点で 引き換えす.どうして,気づかなかったのかなと思ったらわかった.引き返すと表示は『さいたま←』の案内.埼玉県にいて『→さいたま』って書いてあっても 「何かの小さなわき道だろう」としか思わない.せめて「→さいたま,高崎」くらいにしてほしい.そういえば,美女木では右折が長い渋滞になっていた.「あ の大渋滞が高崎方面の渋滞だったのかー」と納得.
あとはひたすら R17を北上

10:30 出発して2時間以上たつので,北本市のジョナサンで休憩.
ドリンクバーだけ.
11:20 出発.

以前,草津に向かったとき,「R17は一本道だろう」と思って,バイパスに右折するのを2回ほど忘れ,2回とも引き返したが,今回はちゃんと2回ともすんなり右折.
熊谷バイパスに右折し,深谷バイバス,上武道路に右折.

13:00 利根川を渡った先のPAでベンチに横になり休憩.

200km を超えたら給油と考えているが,田舎の高い店で入れることになるのは困るから,安い店があったら,入ろうと思いながら走る.自宅付近では140円/Lが多いが.

R17からR50にさしかかる手前に,136円/Lの店を発見.
13:48 家を出て134.8km. 前回給油から165.5km÷10.35L=16.0km/L 標準的な燃費.

R50 にはいると 140円/Lの店が多い.前橋の市街地では 142円/L の看板ばかりだった.
R50からまたR17に右折.空はピーカンに晴れているが,台風の影響か赤城山が雲に隠れている.
周りが山に囲まれ始めて,気持ちが盛り上がってくる.「草津に行ったときはここを曲がったのだな.」などと思いながら直進.

沼田市に入る.沼田市と言えば,フェンシングの沼田高と沼田女子高があった.山に囲まれていていいところだな.
みなかみ町.初任の学校の職員旅行で水上温泉,前の学校の数学科の旅行でさらに上流の宝川温泉に来た.これが自分の群馬県内での最北.

出発して,205km.15:50
猿ヶ京の「新三国大橋
新三国大橋
紅葉は美しいのだろうなー

さぁ,いよいよ峠越え.216km. 16:05
三国トンネル
「国境の長いトンネルを抜けると雪国だった・・・」
もちろんそれは鉄道のトンネルだが.

新潟県突入.
三国トンネル新潟県
トンネルの長さ1218m,標高は群馬側1084m,新潟側が1076mで,8m低くなっている.0.6%のかなりゆるい坂である.

すぐ,スキー場や温泉で有名な,苗場,越後湯沢と通過.この辺は山奥だと言うのにとても栄えていてバブリーな街の雰囲気.越後川口の道の駅で休憩.6時半なのに道の駅は閉まっていた.まぁその方が堂々とベンチに横になれていいのだが.
地図にあった,三条市の健康ランドに行こうかと考える.

たまたま自転車で来ていた若者と世間話.
兄の結婚式のため赤羽から新潟の実家に帰る途中で日が暮れたので,今夜はここに泊まるという.
「新潟はスキー場は多いけど,道の駅は閉まるの早いし,ユースホステルは無いし,北海道のような旅行がしづらいところですよ.」
「小千谷市の道の駅『ちぢみの里』にも温泉があるが,たぶん泊まれない,三条市のなら仮眠室に泊まれると思う.」
ということで三条市に向かう.
一応「ちぢみの里」も見たが,22時に閉まるとあった.
R17の終点からR8に接続

走行 347km.21:00 三条市 健康ランド ポエム到着.
「ここの一覧にあるカードがあれば630円引きです.」
JAF会員証で安くなり,宿泊=深夜割り増しを入れても3000円でおつりが来た.

2日目につづく


>>くろべえ: ツーリング記録一覧

>>XJR1300 日記

0 件のコメント:

コメントを投稿

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.