2005年5月2日月曜日

旗振り通信

情報の教科書にセマホール(腕木式通信)の説明が出ていた.
腕木の上下を望遠鏡で見るということをリレーして情報を伝える技術で,モールス信号が使われる直前まで使われていた.

腕木ではないが,日本でも同様な通信が行われているのを以前,テレビで紹介していたことがあった.
「旗振り通信」
である.
大阪から広島まで40分で通信したらしい.まさにITである.
旗振り通信ものがたり

0 件のコメント:

コメントを投稿

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.