2004年10月18日月曜日

帆船のタッキング

ヨットや帆船が風上方向に航行するにはジグザグに進めばよいわけだが,
帆船の知識 : 帆船に関する知識
真後ろから風を受けるのも「帆走効率が悪くなる」というのも「へぇ!」
順風のときもジグザグするんだ・・・

帆船はヨットのようにタッキングできないのだねぇ.おもしろい.
タッキング
ヨットレースでは瞬時に船と帆の向きを変えるけれど,帆船のように巨大だとそういうわけにはいかないのか.
というより,そもそもヨットは縦帆だから船首を向けるだけでに有効に風をうけることができるが,帆船は横帆だから,帆の後ろに風を入れるまで時間がかかるようだ.

ウェアリングのほうが簡単そうだ.
ウエアリング
常に帆の後ろに風を受けながら方向転換できる.

いずれにしてもこういうことの繰り返しで,風上に航行していくわけで,昔の航海は目的地にまっすぐというわけにはいかなかった.
帆船時代の海戦は,操船技術も大きかったのだろうなぁ.
タッキングで失敗しようものなら,集中砲火.基本的にウェアリングだったのだろう.

2 件のコメント:

  1. すみぴょん2009年4月8日 22:36

    帆船が好きで、近くの港に日本丸、海王丸が入港したときは必ず観船してました
    10年程前になるかな、世界の帆船が大阪南港に勢ぞろいしたときは見事でしたわ^^
    観てる分には美しいけど、操舵技術は大変なものなんですねぇ~
    タッキングやウェアリングは初めて知りました

    返信削除
  2. 風上に向かうというのは,素人にとっては「へぇ」ですよね.
    世界の帆船,いいですね.

    返信削除

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.