2004年10月27日水曜日

鏡像

鏡の面に対しては,面対称な像ができているだけで,左右は反転していない.反転という言葉をあえて使うならば,前後反転.
問題は,なぜ「人は左右さかさまと思ってしまうのか」,「そういう思い込みをしてしまうのか」ということだ.
おそらくそれは、人間の身体は左右対称になっているからだろうというのが,一つの考え.
左右対称ではない文字「あ」などを鏡に映したら,左右さかさまというよりも,「裏返っている」と感じるはず.
逆に左右対称の「A」の右側に色をつけて鏡に映すと「左右が入れ替わった」ように見える.
人間の身体も左右対称だから,左右という感覚が,上下の感覚とはちがう特別なものになっているのだろうな.右手を鏡に写せば,左手のように見えるし.
ごろんと横になって鏡を見ても,上下が逆というよりは,「俺は右手を下にしているのに,鏡の中の私は左手が下になっている」という感じがすると思う.
裏返った像でも元の姿とほとんど違わないから,つい,鏡の中の人物の右手・左手とか考えてしまうのだ.

0 件のコメント:

コメントを投稿

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.