2004年7月4日日曜日

天界(あまさか)の郷(くに)・長野県上村下栗地区

先週NHKの朝のニュースの中で,長野県上(かみ)村が紹介されていた.

急傾斜の斜面に,家や畑を作り,人々が生活している.
雲より高いので,「天空の里」とも呼ばれる.


「おー! 行ってみたいぞ.」
と思ったのが始まり.
距離的には日帰りは不可能.ゆっくり見るには1泊は必要.
でも,「見るだけ」なら,夜明け前に出発して,夜中に帰って来るワザを使えば,不可能な距離ではない.

ということで,「だめならあきらめる」前提で日曜日の朝起きたら,すでに7時だった.

この時点で「昼に着かなければあきらめて帰ろう」とだらだらと支度.
猫にえさをやり,洗濯をし,腹いっぱい飯を食い,単車をコンテナから出しに行き,荷物を載せる.

今回の荷物は,西日本から天気は下り坂というので,雨具(合羽上下,シューズカバー)と,あとは地図とか飲み物とか,握り飯とか,ディジカメとか.

出発したら9時を回っていた.ガソリンを満タンにしたときは9:24.
ここでメーターを0にする.
ガソリン屋の兄ちゃん,給油口ぎりぎりまで,目いっぱい入れてくれた.
「おっとっとっと・・・」

この分だと,昼までに着かないな.
まぁ甲府でぶどう食って帰ってもいいか.
ヘルメットにヘッドホンを装着し,いつもの曲を聞きながら,県道を南下.
右折してR14を西へ.

西船橋で混み始めたので,原木インター方面へ左折,インター手前を右折し,京葉道路と平行に走る.
市川警察の前を通り,左折,市川インターから京葉道路・無料区間へ.
入り口ランプで,ぐぐっと倒しこみ,加速・・・したら前の車に追いついてしまって,ゆっくり合流.
篠崎で一般道に出て,赤信号では適当にすり抜けて,都心へ向かう.
靖国通りから,市谷,四谷,新宿を過ぎ,甲州街道(R20)へ.

甲州街道って狭いんだねぇ.
けっこう混んでいて信号も多く,すり抜けもままならない.
まぁ急ぐなら中央道を使えということか.
おとなしく無理せずにゆっくりと走る.

ときどき中央道の立体交差をくぐる.立川市で左折,日野橋で多摩川を渡る.

八王子を過ぎ,高尾のあたりは,いよいよ山に入っていくという感じ.
高尾といえば,京王線.
学生のころ,京王線の友達がいたなぁ.

つづら折の道.
「ローリング族」の迷惑走行の看板があちこちに.
大垂水峠を過ぎて神奈川県相模湖町へ.
相模湖が見えた.急いでいなければ,ゆっくり景色を楽しむところ.

「上の原」中央道の渋滞情報で出てくるバス停だな.
「大月」河口湖方面はここから分岐だったかな.

長い新笹子トンネルを抜けると甲斐の国.
甲府はもうすぐ.
「勝沼」.ワインは無理だなぁ.あちこち観光農園も.

甲府市に入るとがぜん道幅が広くなり,走りやすい.
そろそろ午後1時,4時間走ったし休憩することにした.
ジョナサン発見.

それにしても暑い.気温は30度を超えている.
走行中はともかく,停止するととてつもない.
気温もそうだけど,湿度も.

ジョナサンで,日焼け止めに着ていた長袖の腕をまくる.

「げげ! なんじゃこの日焼けはっっっ」
日焼け

袖口のボタンの部分が風に吹かれて隙間があいたまま走行したらしい.



左右とも同じように隙間が開いた状況だったのだが,
左側から日が差し,焼けたのはこの左腕のみ.
袖が風ではためいていたのは,途中気づいていたが,まぁずっと開いているわけじゃないから平気かなと思っていたが,強い日差しで赤くなってしまった.

手袋をし,長袖を着込み,ハンカチを顔に巻き,クビや目の周りに日焼け止め塗るという完全防備のつもりだったが,思わぬところから紫外線の侵入を受けてしまった.
まぁ,思い切り口をあけていたのではなく,はためいていたので, 4時間も気づかなかった割には「赤くなった程度」で済んでよかった.

ジョナサンではドリンクバーとセットでないトンカツを注文し,持っている握り飯をこそこそ食べる.

足を伸ばして,仮眠などちょっと休憩しながら,人間ウォッチング.
子ども5人の家族がいた.いいなぁ.
子どもが大きくなると,小さい子がかわいい.
娘には「子どもは5人産め,おれが育てる」と言ってある.

地図を確認.
そうかぁ,上村に行くには茅野市で152号線にそれるんだなぁ.
上村は遠いなぁ.
清里に行って八ヶ岳でも眺めて帰るかな.諏訪湖に行ってもいいな.

2時をまわったので,出発.
今度は袖がはためかないように,念入りに手袋の中に袖口を固定する.

出光を見つけたので,給油.まだ150kmしか走っていないけど.
7.1リットル.リッター20kmを超える計算になるけど,ここのガソリン屋さんの給油は控えめ.
もう1.5リットルくらいは入りそうだ.14:28

韮崎市を過ぎると,八ヶ岳が大きくなってきた.
周囲を山に囲まれた広大な谷間を走り,気持ちがいい.
道路が広くても,都会ではこの開放感は味わえないなぁ.

小淵沢を過ぎる.
八ヶ岳に行くにはここがラストの右折ポイント.
しょうがないな.諏訪湖にするか.

茅野市に入るとR152の表示が・・・思わず左折.
「おい! 諏訪湖にするんじゃなかったのか? 今日中に帰れないぞ」

R152はところどころ狭いが,上村には最短.
高遠町ではちょっと道を間違えて,R152 からそれてしまい,30分ほどロス.
もう16時.明るいうちに着くかな.
日没は19時過ぎだろうけど,日が傾き,悲壮感が.

美和湖というダムの人造湖のの脇を通る.
巨大建造物の好きな私にすれば,時間があればゆっくり見たいところ.

R152
だんだん細くなってきた R152.
地図に寄れば,断層「フォッサマグナ」沿いに走る道ということだ.

「信号機が一つもない大鹿村」の小渋橋.17:30
小渋橋

地図によれば,この近くには「中央構造線博物館」があるらしいが,この時間では閉まっているだろうな.

中央構造線(活断層)が見える場所なの?
中央構造線

今度,1泊したら行ってみよう(なんだかお勉強モード,職業病か・・・笑).

さて,つづら折の山道を走る.
ブラインドのカーブはいつでも止まれる速さでゆっくり走る.
先が見通せるときはえいやっと倒しこんで.

地蔵峠を越えるといよいよ上村.
40kmほど下り,上村小中学校のところから「下栗地区」へ登る.

18:30 下栗地区到着.

下栗地区
下栗地区
下栗地区

いやはやすごい景色があったもんだ.
神の住む村といってもいい.
すごいのは,ここに人の生活があること.

運転は慎重に・・・


このあとほどなくして日が落ちたので,下りる.
南下し,静岡県方面へ向かう.
気温が下がってきたので,トレーナーを着込む.

またつづらおりの道を登る.
暗いので,すべてのカーブがブラインド.
車体が起きていれば,ヘッドライトが広範囲を照らし,道の周辺を照らして様子がわかるが,カーブ中で車体を傾けているときは光の照射範囲が立ってしまうので,カーブの先がどっちに曲がっているのかわからない.
舗装はされているが,ガードレールや路側帯がないので,まったく予測がつかない.
カーブが続くと思ったら,すぐ直線になっていたり,すぐ逆のカーブになっていたり・・・
ゆっくり走ってはいるが,ずーっと緊張の連続.

兵越峠を超えると静岡県水窪町.
道幅は変わらないが,カーブが少なく走りやすい.

ほどなく草木トンネルという125cc以下は通行禁止の,かなり新しい立派なトンネルを通過.
このまま広い道になるのかと思ったら,またまた狭い道.

佐久間町に入り,天竜川沿いを下る.
浜松まで60km なんていう気の遠くなるような表示が出る.
「なんでこんなアホなツーリングをしているのだろう」と自虐的になる.

天竜市に入り,浜北市へ.
片側2車線の大きな道に入ると加速中にエンジンがくすぶる感じ.
前回の給油,甲府市から300km 以上走っているのでガス欠が近い.
燃料コックをリザーブに切り替え,走っていると,ガソリン屋がたくさん.どこもリッター 109円.

出光がないので,セルフの太陽石油に入る.
なんと給油機に,カードや現金を入れるようになっている.
いままで,経験のあるセルフ給油は,給油後に店員の場所に行って,精算するのだったが,ここは給油機だけで用が済んでしまう.
はじめにクレジットカードを入れて出し,油種をえらび,給油.
例によって口元まで「おっととと」
ノズルを戻すと,レシートが出てきておしまい.
その場で終わるなんてなんて便利.現金も入れられるから,ほんと,ガソリンの自販機感覚.
よく見ると「104円」と書いてある.入り口の看板には109円.104円は消費税抜き?
レシートは16.34リットルで,税込み1699円. 1699÷16.34=103.977... 確かに税込み104円.
看板に偽りありだな(^^)v
レシートの時間は21:57.もう,今日中にはつかないな.

タンク容量は21リットル.
21-16.3=4.7リットルで,リザーブに切り替えなければならんのだな.
リザーブに切り替えて,70~80km程度でガス欠なのか.
300km ちょっとで 16リットルだから,燃費はおよそ,リッター当たり19km.
普段リッター15kmだから,さすが長距離は燃費がいい.

いつものことだが,ガソリン屋では給油後すぐに給油機から離れる.
離れた場所で,いろいろ準備をするのだ.
まずは燃料コックをリザーブからオンにもどす.ヘルメットをかぶったり,地図を確認したり.
娘からメールが来ていた.
 「何時に帰る? 買い物につれてって」
なんてのが20時ころはいっていた.
「いま浜松を走行中」と返信する.「浜北」なんて知らないだろうしな.買い物は明日だ.

地図で見ると,浜松は結構南のほうで,1号線で帰るには遠回り.
東の袋井市に抜けて,袋井IC付近からR1に入ることにした.
途中磐田市を通る.「ふーん,ジュビロ磐田ってここなのか.」
この辺の地理は,浜松,静岡の位置関係くらいしか知らなかったけど,浜松,磐田,袋井,掛川・・・と位置関係が見えるようになった.

夜の R1.トラックが列をなして爆走している.
日本経済を支えているのだなぁ.
最近は運賃の節約のために,高速を使わないドライバーも多いらしく,たくさんのトラックが走っている.
私も高速代は払いたくないから,この列に入れてもらって帰ろう.

掛川市では,「掛川バイパス」という有料道路に入ってしまう.
「んー,金がもったいなくて一般道なのに」
と料金所に着く前に一般道に抜けてしまう.
そうしたら.急に強く雨が降り出した.
わき道に入り,雨具装着!
「あーぁ,雨雲は東に進むからな.このまま,ずっと家まで雨かな.」
とがっかりしながら走る.
「でも,雨雲を追い抜けるかな?」
ところが,雨は強くなるばかり.
「もー,昼にあきらめて帰っていれば,こんなことにならなかったのに・・・」
「だいたい,有料道路代をケチって時間が余計にかかって降られたのかもな・・・」

さて,掛川から菊川に向かうトンネルを抜けると,雨はまったく降っていない.
雨雲は山を超えられないのだな.
山を越えて追いつかれる前に帰ってしまおう.
大井川を渡る.「越すに越されぬ・・・」か.
現代はあっさりと橋を渡れる.

島田市からは有料道路「藤枝バイパス」.
今度はケチらない.
料金所では「無料時間」の看板が出ていて,無人.
「そうだよな.このトラックの列を止めてちまちま金をむしりとったら,日本の経済はどうなるのだ」・・・(そういう問題か?)
焼津方面へ曲がるトラックも多いし,そちらからR1に入ってくるトラックも.
明日の晩御飯はマグロにしようかな.

沼津までの距離の表示が出る.沼津からは御殿場周りだな.
今日はさんざんつづら折を走ったから,箱根のつづら折はかんべんだ.

静清バイパスはもともと無料.
富士市に「田子の浦」お表示.
昔,ヘドロ公害でニュースになったけど,いまは改善されたのだろうな.
「田子の浦に うちいでてみれば 白妙の 富士の高嶺に 雪はふりつつ」 山部赤人?

沼津ではやはり,ほぼ全部のトラックが御殿場R246方面へ.

1時ごろ,そろそろ集中力に自信が持てなくなって来たので,コンビニの駐車場で仮眠.
リュックを枕にして,足をハンドルの上に乗せる.
30分くらいだけど,結構熟睡できた.

その後,2時松田町付近,4時三軒茶屋付近でも仮眠.

都内に入る頃にはだいぶ明るくなった.
早朝なので,みんなかっ飛ばしている.
こちとら,ゆっくり走りたいのに,ゆっくり走るとあおられる.うっとうしいから,「どきゅーん!」と加速してしまう.
これをやると燃費悪くなるんだよなー
ゆっくり走りたいから,他の車から離れて走る.

渋谷を抜け,青山,三宅坂,半蔵門,靖国通りといつもの帰宅コース.

篠崎から京葉道路,市川インターで降り,R14へ.

今回は最後に給油したいので,木下街道は曲がらず,船橋市場のほうを通り,県道8(船橋我孫子線)沿いの出光へ.
最後,16.14リットル.もうすぐリザーブタンク切り替えの距離.
4:46.

前日の給油から最後の給油まで,19時間22分.走行距離,760.5km.燃料39.58リットル.
平均時速,39.26km/h.
平均燃費,19.21km/L.

よくもまぁ走った.


コンテナの単車を入れ替えたのが5時.

もちろんこの後,月曜日の定時出勤!

ずっとハンドルを握り続けた,両手の平が筋肉痛.
あと,夜のつづら折で歯を食いしばっていたのか,ものを食べたときに,多少,頬の筋肉が疲れた感じ.



>>くろべえ: ツーリング記録一覧

>>XJR1300 日記

linked: 1 2 3

0 件のコメント:

コメントを投稿

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.