2004年7月6日火曜日

部活問題

先週土曜日,組合の定期大会に行ってきた.
たくさんの議案,修正案,討論があったが,ある若手の先生(といってももうすぐ40歳と言っていた)の切実な訴え.
それは部活動.特に土日.

世間の人は「土日に仕事してたくさん時間外手当をもらっているのだろう」と思うようだが,教員には時間に応じた時間外手当はない.その代わり,教員は一律に給料が4%増し(教職調整額)で,さらに一定額の教員特別手当(私の場合は給料の3.7%程度になる)が出ている.これらを時間外手当(給料を「22日×8時間」で割り,25%増し)に換算すると残業10.5時間分が出ている.毎日の残業は「換算すると10.5時間分」の手当てで我慢する.問題は土日なのだ.

毎日,教材作りで遅くまで残っても,部活動で遅くまで指導しても,夜家庭訪問に行っても,増えたりはしない.(家庭訪問は,交通費の実費は出るが)
とくに土日の部活動は切実.若手先生曰く.
 「自分は毎日ノック300本やっている.部活が終わってから毎日教材研究.そして,土日に部活動指導で,週の始まりの月曜日はすでにへとへと.家は母子家庭である.こんなことがつづくと,いずれ死人が出る.」
いや,実際に教員の過労死が多いのは30代,40代.教員は過労死も多いし,在職中死ななくても寿命は短く,平均寿命は65歳.
おれもあと20年チョットしか生きられないのかぁ.

時間外手当がない代わりに,土日の部活動だけは「特殊業務手当て」が出る.
 「なんだ,もらえてるんじゃん」
はい,土日の部活練習は1200円.
 「へぇ.バイトよりはいいね」
この金額を時給と勘違いする人は多い.あのー,1日1200円なんですけど.高体連主催の公式戦なら1日で1700円だったかな?
これをもらわずに,代休でもいいことにはなっているが, 2日も学校を休んだら,授業が遅れるから,ありえない.いままで,部活動の代休を取った例を見たことがない.週に5日しかないのに,毎週2日もつぶせるわけがない.

結局,「教員の自発的なかかわりで,上司が命令したわけじゃない」で片付けられておしまい.ボランティア扱い.
それをいえば学校のすべての仕事は誰かに命令されてやっているわけではない.ほとんど教員が自発的に仕事をしている.良い授業をするために行う教材研究など,命令されてできるものではない.
以前,会議が続いてプリント作りが間に合わず,「休暇をとって」会議を欠席してプリント作りをしたこともあった.
全体が動くような行事や,判断に迷うような場合は,会議を持ったり,上司に判断を仰いだりはするが,それらは大抵,何か新しいことをするときくらいである.学校の仕事に「命令」はなじまない.

部活顧問は校長が割りあて,公務に位置づけられているにもかかわらず,「命令でやっているわけではない」とサービス時間外勤務を強いられている・・・
労働実態調査の時も,「直接の命令に寄らない時間外勤務は除く」と部活動や教材作成の「時間外勤務はほとんどない」という調査結果が出る.命じていないのに,勝手にやっているという解釈.


 「いやなら顧問をやめればいいのに」
つまり,部活動は廃止ということか.自分がやめても,生徒が活動する以上だれかが勤めなければならない.強硬に拒否すれば,やらずにすむだろうが,しわ寄せを受ける人が出てくる.拒否するだけでは問題は解決しない.
解決するは,日本中の学校のすべての部活動を同時になくすしかない.当然,甲子園やインターハイはその年から消滅.そんな重要な教育活動の一環である部活動をなくすのは,不可能.

 「代休取れば・・・」
部活の代休を取る人など見た事がない.毎週の代休を平日に取ったら,授業ができない.
本質的な解決には,教員の数を1.5倍にし,運動部の顧問は週当たり2日間程度授業のない日を作って,代休を取りやすくする.
平日の時間外勤務は無論,手当てを出す.
それが出来なければ,甲子園も,高校サッカーも,高校ラグビーも,インターハイも,国体もなくさなければ,悲劇が続く.

 「好きでやってるんでしょう?」
仕事はみんな好きでやっている.好きでやっている仕事なら無給でもOK,というなら世の中の多くの人は無給になってしまう.

 「でも,夏休みが長くていいですよね.」
夏休みこそ,普段できない強化練習の出来る時期.
部活の生徒にとっては,部活と生活が一体なのだ.私は複数の顧問と分担しているから夏期休暇(6日)の取得は可能だが,メジャースポーツの顧問は1日も休めない.野球の顧問が休めるのは年末年始の数日だろう.



ちなみに私の先月の特業実績
6月5日(土)関東大会 8:30-18:00 で 1700円
6月6日(日)関東大会 8:30-18:00 で 1700円
6月13日(日)国体予選 8:30-18:30 で 1200円
6月19日(土)県総体 8:30-18:00 で 1700円
6月20日(日)県総体 8:30-17:00 で 1700円
6月26日(土)練習 9:00-13:30 で 1200円
6月27日(日)国体予選 8:30-19:00 で 1200円
60時間以上で10400円,11時間分は特別手当で出ているとしても,残りを時給に換算するとふつうに200円程度.いったいどこに訴えれば,改善するのだろう.
先日やっと土日が休めて(といっても土曜は組合の定期大会だったが),日曜は気が狂ったようにツーリング・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.