2004年4月18日日曜日

西伊豆スカイライン

2004年4月17日
朝,6:00 起床.猫にえさをやり,お金を使いたくないので,自分のガソリン用におにぎりを4つ作る.外食は基本的にしない.まぁご当地の名物があれば,するかもしれないが.そして朝食を腹いっぱい食べる.ツーリングは事故防止のためにも,準備が大切.そして,自販機で買いたくないから,買い置きしておいたペットボトルの「ダカラ」も持つ.

7時40分には家を出る.GB250でコンテナまで.
入れ替え途中.XJR を出して,荷物をつけたところ.次にGBを入れる.
入れ替え中,XJR と GB

結局20分以上かかる.

さて,出発.本来は南下して,千葉街道に出るべきところを何も考えず北の方向に出てしまう.

すぐに木下街道に左折.競馬場方向に向かうが,開催日だから渋滞に巻き込まれる.途中,行田団地方面に向かい,いつもの開催日用の裏道に入り,西船でR14に出る.

信号待ちでは,停車位置に細心の注意を払う.足つきの心配があるので,車輪は必ず轍の底に入れるように信号待ち.決して轍の頂上に乗せない.縁石は友達(^^).心配なときはサイドスタンドを出す(^^)ヾ.

カタログデータでは試験場のCB750 と同じシート高,単車屋で乗り比べたら確かに同じだった.でも重量が違うので,あまり傾けて停車できない.

朝の日曜日,競馬場と関係なければ,どこも空いている.市川ICから京葉道路無料区間を通り,篠崎から靖国通りへ.

新橋に向かい,溜池からR246.六本木,渋谷を走る.この段階では,厚木から南に行って海岸線を走るか,御殿場へ向かうかを,決めていなかった.

時間が経つにつれ,交通量も増えてきた.他の単車や車の後ろをゆっくりついていく.

信号待ちでは,二輪車がみな前に出るが,私は必ずその後ろからついていくようにする.二輪車たちは,信号ダッシュでエンジンをけたたましく回しながら加速.その後ろから,そぉーっと加速.でもXJRは十分に速い.

でもときどき,先の集団が見えたときは,今までの集団を後にする.

先の集団走行が見えたら,まず他の単車の間をゆっくり前に出て行く.自分の前があいたら,アクセルをあけ,
「さよならっ!」
ミサイル発射のような加速.たまらん.今までの集団走行のマシンがミラーの中に消えていく・・・

そんなことをしながら,2時間以上走って,厚木のロイヤルホストで休憩.
駐車場はほんの少し傾斜している.以前,GB250 を下り坂方向の縁石に止めてしまい,苦労したことがあった.傾斜を良く確かめて駐車方向を考えて止めないと,XJR は出せなくなる.わずかに上り坂になるような方向に駐車.これで後ろに出すときは楽チン.
立ち寄りの目的は,もちろん食事ではなく,靴を脱ぎくつろぐため.ドリンクバーのみ注文.

さて,次に走る道を考える.海方向は混みそうだし,厚木から海に行くのはちょっと遠回りかもしれないので,御殿場方向に行くことにした.
学生のころ,原付で京都に行ったときも R246 で御殿場を抜けた.そのときの理由は箱根八里,原付はオーバーヒートが心配だったから.ほぼ,全開で走る原付,箱根の上り坂はスピードが出ないので,空冷エンジンが冷えないかもしれないという心配があった.

XJR は空冷でも余裕があるからそれは問題ないが,今回は「西伊豆を走る!」だから,早く西伊豆に着きたかった.

御殿場まわりの道は素晴らしい.原付で通ったときは濃霧で,さっぱり景色はわからなかったが,今回はでっかい富士山と,谷間を縫うように走る道から見える山々の開放感が,なんともいえない.
好きな曲('70 pops)を聴きながら,流れに乗ってゆったりと走る.青い空,白い雲,やさしい日の光,でっかい富士山,右へ左へカーブを曲がるたびに眼前に開ける景色.
幸せのあまり,おもわず目がうるうるしてしまう・・・

I see skies of blue and clouds of white
The bright blessed day, the dark sacred night
And I think to myself what a wonderful world.

R246 に別れを告げ,1号線を小田原方向に戻る感じに,三島へ向かう.

三島市内で13:00 おにぎり1個を食べ,休憩.ストレッチなど.

R136に入り,下田方面へ向かう.伊豆中央道,修善寺道路なる有料道路で金をむしりとられる.知らない間に,有料道路へ導く道路設計というか,有料道路は便利に走れるように作られているわけで,あえて旧道を使うには,不便な道にそれるためによく調べなければならない.

修善寺道路の終点から,修善寺戸田線に入る.とちゅう,だるま山高原という展望台.
ツーリングマップルによると「駿河湾越しの富士山の眺めは最高」とあるので寄ってみる.
肉眼ではかすかにみえたのだが,かすんでいて,ディジカメではよくわからない.
展望台から富士山を見たつもり
画像処理をかけると,中央上部にそれらしい白い三角が.
画像処理後
御殿場で見られたからいいか.

駐車場のマシン.
400cc. マフラーかっこいー
400cc

左がHONDA VTR(800cc),右がYAMAHA YZF(1000cc).
VTR YZF
VTR は幕張免許センターで私が立ちごけしたマシン. YZF はヤマハ最速のスポーツレプリカ172馬力!(XJR は100馬力)

KAWASAKI Z1(かな?)
KAWASAKI
日本の大排気量マシンの歴史をスタートさせた名車.

今回のメイン,西伊豆スカイライン に入る.
西伊豆スカイライン

標高が高いので,今が桜満開.
桜


山のてっぺん付近を縫うように走る.
西伊豆スカイライン

戸田駐車場
戸田駐車場


標高880mから海がみえるのだからすごい.
戸田駐車場から海を臨む


西伊豆スカイラインの終点から,土肥に向かい,土肥から沼津まで海岸沿いの細い道を北上することにする.

西伊豆らしい景色.
絶壁

海岸沿いは絶壁なので,海岸沿いの道といっても,山の上につづら折になっている.

西伊豆スカイラインの戸田駐車場からながめた,戸田港.
戸田港


まだまだ坂を上っていく.
戸田


穏やかな海.
穏やかな海


細く,曲がりくねった道が続く.
細い道

ゆっくりゆっくり走り続ける.

大瀬崎を過ぎ,東の方向に向かう道は,標高が低く海に近いが,曲がりくねって細いのは同じ.
細い道

左側の海の向こうに,富士山が見えるはずだが,やはりかすんで,かけらも見えない.

海岸沿いを走り続けると道が細くて,時間がかかるため,R136 に向かうべく闇雲走りをはじめる.まぁ適当に走ればつくかな?

で,やっぱり走っている場所がわからなくなったので,道路わきの駐車場に止めて,休憩と地図の確認.
休憩

ハンドルの上に足を投げ出し,リュックによりかかりしばし仮眠.

弟から電話.
「今,友達とパソコンを買いに来たんだけど.」
いろいろ相談に乗る.
ヘルメットに携帯を差込み,ねっころがったままペットボトルから飲んだり,お気楽通話.
「今,西伊豆に来てんだよ.」
「例のでかいので? やるなー」

帰り道は1号線から箱根を目指す.三島側の1号線は広いので,スポーツカーがぶっ飛んでる.まぁそれには付き合わず,遅い車がいたら抜かす程度でゆっくりゆっくり走る.

芦ノ湖の向こうにシルエットの富士山が見えた.

箱根駅伝を思い出した.

小涌谷を過ぎると,渋滞が始まる.広いところではすり抜けるが,バスが狭いところにさしかかるとあきらめて,スタンドを立て,エンジンを止めて,例のお気楽休憩ポーズ.

車だとすごく時間がかかったであろう下り坂も,すいすいと下りてきた.

小田原を過ぎる頃には,渋滞は解消.平塚から厚木に向かい,R246 で帰ることにする.

途中,デニーズがあったので,店の外で最後のおにぎりを食し,中に入ってコーヒーでくつろぐ.

R246 から都内に向かう.行きは,ときどき加速して遊んだが,帰りはひたすらゆっくりゆっくり.PDA の電池も切れてしまい,自分で歌うしかなくなる.行き先表示や,看板を見ては適当に歌詞に加えて歌う.

コンテナに入れたのが,21時ごろ.13時間で430km走行.



>>くろべえ: ツーリング記録一覧

>>XJR1300 日記
linked: 1

0 件のコメント:

コメントを投稿

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.