2004年1月21日水曜日

大型二輪免許 実技試験第2回

今日は,この日の午後のために授業変更をした.

試験場の二輪棟に12:40頃に到着.
今日も2コース.
印紙売り場が開いていて,4,400円分を貼ってもらう.
一応コースを下見.
今回の課題は「大きさにビビらない,右足を着かない,レバーから手を離す.」

13時ちょっと過ぎる頃受付に行くと,みんな受付を済ましている.
最後に書類を出すと,自分で書くところを何も書いていないことに気づき,
「すいません今書いてきます.」
と後ろで名前などを書き,提出.
ゼッケン409番をもらう.

待合所で待っていると,試験官が来て説明を開始.
今日は大型が5人だけ.
この試験官は説明がうまいな.
読めばわかるところは,はしょって,ポイントをよく説明してくれる.
なんだかんだしゃべるので,13:30ちかくなった.
前回の試験官は5分で説明を終えたぞ.
「では35分から開始しますので,最初の405番の人は準備してください.」

車両はVFR.
最初の人はうまかった.見ていて減点箇所がわからない.
「これで落ちたら,どこを直せば合格するのか,わからないな・・・」
と見ていたら,案の定合格.やはりきちんと走れば合格できるという確証を得た.

自分の番になった.
まずは,慣らし走行.
スタンドを払い,またがる・・・足が引っかかる・・・そのまま向こう側へ転倒.
スピーカから「サイドスタンドを出して起こしてください」
との指示.そうだよな,また反対に倒しちゃうよな.
で,安心して引き起こし,スタンドで立てる.
バンパーがついているので,すぐに起こせる.ガソリンがもれてるー,ガソリンくさい.ついでにモーターも停止.

左側に廻りモーター始動.もう一度スタンドを払い・・・無理はやめよう.
採点対象外の慣らし走行だから,スタンドを立ててまたがる.
そっか.タンデムシートに足がひっかかるのね.本番では気をつけよう.
スタンドを立てたままもう1回またがりなおして,こつをつかむ.
乗車してからスタンドを上げるのは,減点対象なのだ.
体が小さいので,爪先立ちというほどではないけれど,かかとはつかない.
慣らし運転中の右左折では大きく倒しこんで加速してみる.
まぁ,自分の単車のようには倒しこめない.やっぱりでかいなー.
出発点に戻り,待っていると.
「では始めてください.」

周囲目視.
ハンドルを持ち,ブレーキを握り,スタンドを払い,気合でまたがり,右足でブレーキペダルを踏む.

乗車は大成功!心理的に余裕が出来る.今回は右足は着かないぞ.前回は右にバランスを崩して,右足を着いてしまった.
ミラーを直す.
右後方目視,右足を着き,ギアを1速.
左後方目視,左足を着き,ブレーキペダル.

非常に落ち着いて,ゆっくり時間をかけて操作することが出来た.いよいよ発進.
右ウィンカー,右後方目視,発進.
コースに出て,キープレフト,レバーから手を離し,ハンドルだけを握る.
右ウィンカー,右後方目視,右へ車線変更,障害物通過,左ウィンカー,左後方目視,車線変更,キープレフト.
バックストレート加速,40km/時保持.3回に分けてブレーキ.
カーブ手前で25km/時定速走行に入り,キープレフト.
右ウィンカー,右後方目視,車線変更,右折.
赤信号停止.青で左右確認後発進.
左ウィンカー,一時停止.左右確認,発進左折.
ちょっとバランスを崩し,左折大回りをしてしまう.(減点)
左後方確認,左ウィンカー,左折,道路を横切るので,左右目視.
一本橋手前で一時停止.

 「今回は10秒目指すぞ!」
やはり発進操作なので,右ウィンカーをつけ右後方確認して発進.
一本橋に乗る前にウィンカーは消してしまう.
乗るときにちょっと加速し,すぐ減速.
バランスを崩しそうになるとすぐに加速して,また減速・・・の繰り返し.
一本橋終了直前で,超低速.落ちそうになったので,加速.
 「う.前輪,半分くらい落ちたかな? 後輪は落ちたぞ.試験中止か?」
何も言われないから,そのまま続行.
左右確認,道路横断.減速せずにスラローム.
最初の2本までは調子良かったが,3本目からは倒しこめずに減速.
左ウィンカー,出口で少し加速.
左右目視,左折.
交差点通過,左右目視.
左ウィンカー,一時停止,左右目視,左折.
外周なので,思い切って加速.
左ウィンカー,左後方目視,左へ車線変更,左折.
S時通過.左右目視,左折.
赤信号停止.左右目視して発進.
左ウィンカー,左折,クランク.
左右目視,左折.バランスを崩し,また大回りしてしまう.

で,次のすぐに左折するのを忘れ,しばらく外周を走ってしまう.
左ウィンカー,左後方目視,左側へ停止して,手を上げる.
事前の説明でコースがわからなくなったら手を上げてくださいと言われた.
「次は,波状路です.Uターンせずに外周をそのまま廻り,26番の左折からコースへ戻ってください.」
26番と言われても,どこのことかさっぱりわからないが,もう一度左折をやり直すということは,外周を一周することであると理解.
コースの間違いは減点にならないが,元のコースに戻るときも採点対象なので,慎重に.
右ウィンカー,右後方目視,発進.キープレフト.外周なので,ぐぐっと加速.
カーブ手前で,3回に分けて前後ブレーキ.
カーブ中は一定の速さで,キープレフト.
26番手前,左ウィンカー,左後方目視,左へ車線変更,左折.
左右目視して,青信号通過,左ウィンカー.
左折して,立ち上がり,初めての波状路.

5秒以上なので,秒数をカウントしていたら,余裕で5秒以上になることが判明.
左ウィンカー,左右目視,左折.
左右目視,交差点通過,左ウィンカー.
左後方目視,一時停止.
左右目視,左折して外周,キープレフト,加速.
左ウィンカー,左後方目視,針路変更,左折.
見通しの悪い交差点,左足をつき,左右目視,通過.
右ウィンカー,右後方確認,車線変更.
青信号右折.
右ウィンカー出したまま,センターラインによって,一時停止.
左右確認,右折.右ウィンカー出したまま,右後方目視,障害物通過.
左後方目視,針路変更,左方向へ分岐.
上り坂途中で停止.

ふと見ると,1速ではなくニュートラルになっている.
右後方目視後,右足を着き,1速にチェンジ.
左後方目視後,左足を着き,右足はブレーキ.
右後方目視後,発進.

下り坂通過中に,
「くろべえさん,減点が超過しました.急ブレーキには入らず,そのまま外周からスタート地点に戻ってください.」
ここからは,だれも見てないけど,最後まで,きちっとやろう.それも練習.
右ウィンカーを出し,右後方の外周路を目視し,合流,キープレフト.
ぐっと加速し40km/h のつもりが 50km/h まぁいいか.きもちいー
3回に分けて前後ブレーキをかけ,カーブ.
左ウィンカー,針路変更,左折.
ポールにあわせて停止.
右後方目視,右足を着いて,ギアをニュートラルに.
左後方目視,左足を着いて,ブレーキレバーを握り,降車.
サイドスタンドを立て,
「最後の人はエンジン止めてください」
といわれていたので,モーター停止.
望楼に向かう.


「スラロームは8秒台でした.左折時左に寄っているのはいいことですが,ときどきバランスを崩して,大回りになってしまいましたね.練習しましょう.障害物通過のポイントは知ってますか?」
「1m以上はなれることです.」
「一度目の通過はOKでしたが,二度目が近づきすぎていましたよ.知っているのだから,実行しましょう.ご苦労様でした.」
「ありがとうございました.倒して,すみません.」
「大丈夫です.それより,怪我はしませんでしたか?」
「ぜんぜん平気です.(年中立ちごけしてるからな)どうもでした.」

スラローム8秒台だと,10点減点.あと,左折大回りで10点.そして,障害物側方通過で20点で試験中止になったのか.この20点が大きすぎた.2度目の障害物のときはもうすぐ終わると思って,ちょっと気を抜いてしまったかも.惜しかった.
一本橋の指摘がなかったのは,10秒以上だったわけだ.スラロームの減点が無ければ,その他の不注意の減点でも合格するのだがな.練習しましょうといわれても私の練習は本試験のみだけ.よーし,次回までイメージトレーニング.

次の課題は「スラローム通過,左折大回り注意,最後まで気を抜かない」

次回の予約は2月10日午後.3年の授業なくなり,1Eが午前中なら午後の試験は大丈夫だ.3月までに取れるかな.まぁ,今回の試験でちょっと先が見えた感じ.
参考

今日は午後は全部年休だったが,そのまま学校に戻り,明日の授業のプリントを印刷をする.明日は午後出張なので,授業変更をし,午前中4時間連続になる.印刷する暇が無いし,試験が近いから印刷を遅らせるわけには行かない.



大型自動二輪免許 一発試験 合格マニュアル(幕張免許センター) トップ

0 件のコメント:

コメントを投稿

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.