2000年2月17日木曜日

常識

常識の正当性については常に意識をせねばならぬと思う.あらゆる常識は一度は思索の俎上に乗せるべきである.その結果「よい常識」を残していけばいい.「若さ」というものはすべての常識を覆すエネルギーだと思うが,その結果破滅しては意味がない.
同じ常識的生活をしていても「無批判に受け入れている」と「思索の結果,常識を受け入れた」では雲泥の差.私は後者でありたい.

0 件のコメント:

コメントを投稿

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.