2018年8月31日金曜日

中心線が復活

中心線が表示されるようになった.
気象庁|台風予報表示案:予報円の中心の点と線



昔,中心線を消した理由が,中心線が台風の目の進路で,予報円を強風域と勘違いした船が,遭難したことああったからである.
>「予報円を用いた表示が定着して予報に誤差があることが理解されるようになった」
とあるけれど,また誤解をする人は増えるな.
>「予報進路をより見やすくするため」
より見やすくなって,きっと誤解しやすくなったな.

自分の母親は,中心線がなくても予報円を強風域と誤解しているようだがw
中心線のおかげで,その誤解がますます強化されそうだ.

2 件のコメント:

  1. 予報円が強風域だとすると,北方冷水域に行くに従って成長しちゃうという謎が生じますが,一般人はそこまで読まないですよね.予想強風域も図に入れ込むようにするとよかったりして?

    返信削除
  2. 母親は予報円が千葉県にかからないと,「それた」と言って喜んでます.そのとき一番東よりのコースは東京にかかっていたから「それた」とは言えないのですが,説得する気力がないw
    強風域を入れると,おそらくすべての台風が日本全国を含んでしまって,予報の意味がなくなるのでしょうね.

    返信削除

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.