2017年12月16日土曜日

静脈認証

手をかざすとすぐに画面が変わるので,この写真は若干苦労した.
スマホで撮影して,クラウドに入れ,自宅のパソコンで.


今年から,教員全員にパソコンが配られた.
保管場所は鍵のかかる部屋の鍵のかかる机など.

個人情報は,専用の仮想デスクトップが用意された.(学校共有で30ギガ,個人1ギガ)これは配布パソコンでのみ,学校から利用できる.
仮想デスクトップからは,原則データは外に出せないので,個人情報の電子データは外に出せない仕組み.
でも自分の静脈データは,あの世に保存されているわけだがw

それと,個人情報禁止で1テラのクラウド(Office365のOneDrive)が使える.
クラウドだから,ネットにつながっていればどこからでも.

そんなんことで,パソコンがトラブル(故障盗難)でもデータは守られる.

USBメモリは事前に登録したものだけが使える(もちろん原則持ち出し禁止)が,クラウドが使えるからUSBメモリが必要になる場面はない.

成績処理システムも変更になって,てんやわんやの学期末であるw

0 件のコメント:

コメントを投稿

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.