2015年8月26日水曜日

スパースモデリング

スカスカのデータから,細部を推理する情報処理技術らしい.
サイエンスゼロで取り上げていた.>2015年8月23日の放送|NHK「サイエンスZERO」

「経験と勘から,数学の力へ」
と言っていたのが印象的.

知覚のメカニズムを機械に応用したというのもおもしろい.
もともと生物は,たとえば目に入ったすべての情報を使って形を把握しているのではなく,スカスカの情報から全体を補完してものを見ているというもの.
そのせいで,いろいろな錯覚の絵や立体ができて,おもしろいことになるわけだが.

サイトもあった.>スパースモデリングの深化と高次元データ駆動科学の創成

コンピュータの授業の教材にする方法はないかな.

0 件のコメント:

コメントを投稿

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.