2014年8月30日土曜日

アンテナチューナー修理というか改造?

舳倉島で取れてしまったコネクタ.>以前の記事
基板にハンダ付けされた足が折れた.


それまで,コネクタ付き同軸ケーブルをわざわざ切断したものにミノムシクリップを取り付け,アンテナやカウンタポイズのワイヤーをつないで使っていた.
こんな風に,力が加わることが多くて,去年コールド側が基板から取れて,グラグラしていた.
コールド側は,別にアース端子があるから,カウンタポイズは写真のようにつないでいたけれど,ホット側の細い線もとうとうちぎれたということである.

早速修理.
取れたアンテナ端子のコネクタは,基板にハンダ付けされた足の部分が折れたのでもう使えない.
まずは,折れて基板に残った部分を,はんだを溶かして取り除く.
以前はコネクタにわざわざミノムシクリップをつけていたけれど,初めからミノムシクリップを基板から配線することにした.
昔のスピーカーケーブルの残骸を取り付けた.なかなか柔らかい線でよいです.

ミノムシクリップをくっつけて完成.

一応動作チェック.まぁ問題あるはずもなくw
また移動運用に持ち出します.

0 件のコメント:

コメントを投稿

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.