2014年5月7日水曜日

2時間半

いつも1時間かかるところ,2時間半かかって帰宅.

津田沼を出たところで,緊急停止.
数分後,東船橋まで動いて,停止,
「発車まで1時間程度かかります.」
との案内.
まぁ,帰るだけだから,車内で待つことにした.

結局,車内で80分待った.

船橋で線路が封鎖されたようで,西船橋-津田沼 が長時間止まったようである.
つまり,先に西船橋までの西側で折り返し運転が始まり,津田沼までの東側でも折り返し運転が始まった.この2駅は列車が折り返しできる設備があるためだ.

東船橋は,他の交通機関が薄いなぁ.
京成の最寄り駅,大神宮下まで1.7km.でも大神宮下まで歩くなら,船橋まで歩いても 2.4kmだ.
船橋や津田沼なら京成や新京成が近いから,すぐに乗り換えを考えるだろうけれど,
「帰るだけだからいいや」
と思うには十分な距離だった.


船橋で人身事故とのこと.
自分の都合だけを考えれば,迷惑といえることなのだろうが,人の命が失われたことを思うと,重いことだ.

何年か前に,乗ろうとした電車が人身事故で遅れ,学校についたら生徒だったということがあった.
まったく接点のない生徒とは言え,ショックだった.
不登校でほとんど学校には来ていなかったようだったが.


学生の頃,KO線に勤める友人がいた.
駅で通過列車が急停止すると,白い布を信号所から持って走ることが何度もあったそうだ.
車掌になってからも,何度か布を持って・・・という話を数回聞いた.運転手は列車から離れられないため,そういうのはすべて車掌の仕事だそうで.

今回の事故は快速だったけれど,快速のみならず各駅も上下線で止まったのは,散乱物の回収のために列車をすべて止めたからだろう.
鉄道関係者の気持ちも考えると,「遅れてけしからん」という気持ちにはならない.

0 件のコメント:

コメントを投稿

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.