2013年12月18日水曜日

フォネティックコード

骨的コードではありませんw>以前の記事「骨的コード」

通信文の聞き間違いを防ぐために使われるもの.コールサインの復唱などに使う.
NATOフォネティックコード>Wikipedia

JG1BGT は Juliett Golf One Bravo Golf Tango という具合だが,自分は phone で電波出さないので,無線で使う場面はなく,使い慣れていないけど,なんとなく覚えている.
ところが,無線以外で使ってしまったw

県のシステムにログインするためのアカウント.
新たに登録するために,サポートデスクに電話し,パスワードを復唱する場面となった.
そのときに一部,フォネティックコードで復唱.
Alpha India Echo November 数字の5 大文字 Hotel
ってな具合.

でも,Sierra とか Zulu は,一般的な単語じゃなさそうなので, Sakura,Zenzai みたいな感じで.

他にも,Foxtrot とか,Lima,Quebec,X-Ray なんかは難しいかな.
これらは,船橋,リットル,QPマヨネーズ,エックス線くらいにすりゃいいかw

0 件のコメント:

コメントを投稿

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.