2013年10月7日月曜日

審査中

早っ!

よっぽど空いていたのかな.
帰宅して,確認したら,もう「審査中」になっていた.
つまり,書き間違いや不備はなかったということ.

「人員過剰」かもしれませんよ(笑
まぁ自分がサービスを受けるときに人員(税金)を過剰に使ってくれるのは嬉しい.
あるいは,こんなことをブログに書いたから,「モンスター申請者」と思われたかな.>以前の記事「受付処理中」

受付の次の「審査」は実際の申請内容が法律にあっているかどうか.
つまり自分の資格とそれに対する設備の周波数範囲,出力が法律通りかどうかの審査.
許認可や免許は「権力の行使」だから,全項目を漏れ無くチェックする作業となるのだろうな.>電波法関係審査基準


でも,アマチュア無線の場合,資格以上の設備を書いたら,審査以前に「書き間違い」で受付処理時点で再提出を求められるはず.
したがって,アマチュア無線の場合,記入ミスがなければ,免許されないことはない.
それが証拠に
> 申請手続の状態が「審査中」になったら送付してください。
とある.> 免許状返信用封筒の送付について
審査終了を待たずに封筒を送れということ.

ということで,とっとと封筒を送付.

0 件のコメント:

コメントを投稿

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.