2011年7月24日日曜日

アナログ放送終了

最後のアナログ放送.笑っていいともでカウントダウンをしていた.


VHF アンテナは去年はずしたけれど,チャンネルによってはアナログ放送が映る.

おしまい.
砂嵐になるのは,いつごろだろう.

ディジタル放送は,A/D,D/A変換に時間がかかるから,「生放送」では数秒遅れる.
スポーツ中継などを,ラジオ放送とテレビの両方で聴くと,テレビが遅れる.つまりラジオの方が,わずかに早く情報を知ることが出来るわけだ.

A/D 変換は放送局で行なわれるが,D/A変換は各テレビで行うから,機械の性能によってかかる時間が異なる.そのため,テレビでは「時報」を行なわなくなった.
ラジオはアナログだから,時報がある.これもデジタル化したら,時報もなくなるのだろうな.

3 件のコメント:

  1. 今晩は。。
    アナログ放送終了のブルーバックを確認後我が家のテレビ配線入力元をベランダデジタル用アンテナに変えてしばらくブルーバックを楽しみました。
    完全停波をみたいと今夜0時に向けてまたアナログテレビをつけています。。HI。。
    ブルーバックに地震情報が流れました。
    こればっかりは無視できないのでしょう。

    返信削除
  2. TBSをみていましたが、短い絵つきの Thanks messeageが流れて、完全停波(すなあらし?)、ボリューム上げてもノイズがほとんど聞こえない状態になりました。
    おわって しまった 。! 。

    返信削除
  3. 最期を看取ったのですね.

    返信削除

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.