2009年9月30日水曜日

1アマ国試(H21.08無線工学A-7~A-10)コメント

つづき

8月に受けた試験答えなど.

この4つは知識を問う問題.くろべえが苦手な暗記問題だが,動作を考えれば答えはひとつ.

A- 7 次の記述は、ホトトランジスタについて述べたものである。       内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。

(1) 図記号においてa は、 A  電極である。
(2) ホトダイオードに比較すると  B  作用があり、高感度である。
(3) ホトカプラは、ホトトランジスタと  C  ダイオードを組み合わせて、一つのパッケージに入れたものである。
A     B   C
1 ソース   整流  ホト 
2 ソース   増幅  発光
3 コレクタ  整流  ホト
4 コレクタ  増幅  発光
5 ドレイン  整流  ホトフォトトランジスタ

「ホトトランジスタ」で検索すると「フォトトランジスタ?」と聞き返される.
電極はコレクタ,トランジスタだから増幅,カプラの動作を考えると,発光ダイオード.
(答) 4


A- 8 次の記述は、アナログ信号をP CM信号に符号化する変換例について述べたものである。       内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、量子化ステップを1〔V〕とする。 
(1) 標本化とは、図に示すアナログ信号の波形を   A   のように、非常に短い一定の時間間隔の波形に切り取ることである。
(2) 量子化とは、図に示すアナログ信号の波形を一定の時間間隔で切り取った後、   B  B のように、量子化ステップ毎に定められた電圧に割り付けることである。
(3) 符号化とは、定められた数値を   C   のように、特定の符号に置き換えることである。
A   B   C
1 図1  図2  図3
2 図1  図3  図2
3 図2  図3  図1
4 図2  図1  図3
5 図3  図1  図2
A/D 変換

標本化で切り取って,量子化で整数値に直して,0,1に符号化する.
(答) 4


A- 9 図に示す回路の名称を下の番号から選べ。
1 スケルチ回路
2 ノイズブランカ
3 レシオ(比) 検波回路
4 平衡変調回路
5 二乗検波回路

スケルチ回路やノイズブランカはこうしたひとつの回路ではなく,いくつかの回路のブロックの組み合わせたシステムなので,違う.
平衡変調の入力は搬送波,低周波の2つ,出力が変調波となるので,違う.
二乗検波はトランジスタなどの増幅曲線の非直線部分を使うが,これは増幅作用のないダイオードなどでつくられているから違う.
(答) 3



A-10 図に示す直列(電流) 帰還直列注入形の負帰還増幅回路において、負帰還をかけない状態から負帰還をかけた状態に変えると、
この回路の入力インピーダンスZi 及び出力インピーダンスZ0 の値はそれぞれどのように変化するか。Zi とZ0 の値の変化の組
合せとして、正しいものを下の番号から選べ。
Zi      Z0
1 減少する  増加する
2 減少する  減少する
3 増加する  減少する
4 増加する  増加する
負帰還

帰還も注入も直列だから,入力も出力もインピーダンスが増加.
(答) 4

つづく

無線工学 A-1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 B-1 2 3 4 5
法規 A-1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 B-1 2 3 4 5

1アマ国試(H21.08無線工学A-4~A-6)コメント

つづき

8月に受けた試験答えとコメントなど.

A- 4
図に示す回路において、端子ab間の合成抵抗の値を10〔Ω〕とするための抵抗R の値として、正しいものを下の番号から選べ。 
1 10〔Ω〕
2 20〔Ω〕
3 30〔Ω〕
4 40〔Ω〕
5 50〔Ω〕
合成抵抗

見慣れた昔の抵抗記号だが,学校の教科書やセンター試験はこれとは違う.すべて新しい国際標準の記号になっている.>こちら


R と 10 〔Ω〕の並列部分の抵抗は
\frac{1}{\frac{1}{R}+\frac{1}{10}}=\frac{1}{\frac{10}{10R}+\frac{R}{10R}}=\frac{1}{\frac{10+R}{10R}}=\frac{10R}{10+R}
これに5〔Ω〕が直列につながっているから,
\frac{10R}{10+R}+5 = \frac{10R}{10+R}+ \frac{5(10+R)}{10+R} = \frac{10R}{10+R}+ \frac{50+5R}{10+R} = \frac{50+15R}{10+R}
これと40〔Ω〕の並列抵抗は,
= \frac{1}{\frac{400+40R}{40(50+15R)}+\frac{50+15R}{40(50+15R)}}  = \frac{1}{\frac{450+55R}{40(50+15R)}} = \frac{1}{\frac{90+11R}{8(50+15R)}}= \frac{400+120R}{90+11R}
これが10〔Ω〕と等しいから,
\frac{400+120R}{90+11R}=10
400+120R=10(90+11R)
40+12R=90+11R
12R-11R=90-40
R=50

(答) 5

A- 5
図に示す回路において、交流電源電圧 が200〔V〕、抵抗R1 が10〔Ω〕、抵抗R2 が10〔Ω〕及びコイルL のリアクタンスが10〔Ω〕であるとき、R2 を流れる電流 の値として、正しいものを下の番号から選べ。
1 8- j 5〔A〕
2 8+ j 4〔A〕
3 5+ j 4〔A〕
4 4+ j 5〔A〕
5 4- j 2〔A〕
交流電流


まず,全体をインピーダンス(抵抗)を求め,全体の電流を求めた上,抵抗R1の電圧降下を計算すると,R2 にかかる電圧がわかる.
あとは,オームの法則で,R2 に流れる電流を計算する.

リアクタンスを計算の中に入れるとき,コイルは,リアクタンスが10〔Ω〕なら虚数単位を j として j10 とする.
電気では i は交流電流の意味だから,虚数単位を j で表し,さらにその係数を後ろに書く習慣.

10〔Ω〕のR2と,10〔Ω〕のL の並列回路のインピーダンスは,
= \frac{10(1+j)}{(1-j)(1+j)}= \frac{10(1+j)}{1^2-j^2}= \frac{10(1+j)}{1-(-1)}= \frac{10(1+j)}{2} = 5+j5
これにR1 が10〔Ω〕で直列につながるから,単純に足して,
5+j5+10=15+j5
が全体のインピーダンス.これに200〔V〕をかけたときの電流はオームの法則で,
= \frac{40(3-j)}{3^2-j^2}= \frac{40(3-j)}{9-(-1)}= \frac{40(3-j)}{10}= 4(3-j)=12-j4
10〔Ω〕のR1 を 12-j4〔A〕の電流が流れたときの電圧降下は
10(12-j4)=120-j40
したがって,R2 の両端にかかる電圧は,
200-(120-j40) = 80+j40
10〔Ω〕のR2 に流れる電流は,
\frac{80+j40}{10}= 8+j4
(答) 2

「虚数」をはじめて習うと「現実に存在するの?」という気持ちになるが,交流の電気回路(電磁気学)は虚数で表され,虚数がないと記述できない.
くろべえ: 存在とは
虚数で表される抵抗成分(リアクタンス)は,エネルギーを消費しない.
くろべえ: 虚数の存在


A- 6
次の記述は、トランジスタの周波数特性について述べたものである。      内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。
トランジスタの電流増幅率の大きさが、その周波数特性の平坦部における値の  A  になるときの周波数を  B  周波数という。この周波数が  C  ほど高周波特性の良いトランジスタである。
A    B        C
1 1/√2  遮断       高い
2 1/√2  トランジション  高い
3 1/√2  遮断       低い
4 1/2   トランジション  低い
5 1/2   遮断       高い


(答) 1

これは知識を問う問題.
電流増幅率が 1/√2 というのは電力増幅率なら半分(1/2=-3dB)ということ.
トランジション(遷移)とは,増幅から減衰に遷移する周波数.これ以上は増幅どころか,抵抗になるということ.

つづく

無線工学 A-1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 B-1 2 3 4 5
法規 A-1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 B-1 2 3 4 5

1アマ国試(H21.08無線工学A-1~A-3)

8月に受けた試験答えとコメントなど.

A- 1
次の記述は、電流及び磁界の間に働く力について述べたものである。      内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、同じ記号の     内には、同じ字句が入るものとする。

磁界中に置かれた導体に電流を流すと、導体に A が働く。このとき、磁界の方向、電流の方向及び A の方向の関係は、 B の法則で表される。
A    B
1 起電力  フレミングの右手
2 起電力  フレミングの左手
3 電磁力  フレミングの左手
4 電磁力  フレミングの右手

これは,「暗記問題」といえるが,電気物理を知るものにとっては,基礎中の基礎.
モーターは「電磁力,左手」,発電機が「起電力,右手」である.
(答) 3

A- 2
図に示す回路において、コイルAの自己インダクタンスが60〔mH〕及びコイルB の自己インダクタンスが15〔mH〕であるとき、端子ab間の合成インダクタンスの値として、正しいものを下の番号から選べ。ただし、直列に接続されてい るコイルA 及びコイルB の間の結合係数を0.6とする。
1 39〔mH〕
2 48〔mH〕
3 56〔mH〕
4 64〔mH〕
5 72〔mH〕
コイル

公式どおり,
=75-1.2\times\sqrt{900}=75-1.2\times30=75-36=39
2つのコイルは直列だから足し算で,結合はキャンセル巻き(巻き方が逆で打ち消しあう)だから,結合インダクタンスは「引き算」
(答) 1

A- 3
図に示す回路の合成インピーダンスの大きさの値として、正しいものを下の番号から選べ。ただし、抵抗R は40〔Ω〕、コンデンサC のリアクタンスは20〔Ω〕及びコイルL のリアクタンスは40〔Ω〕とする。
1 5〔Ω〕
2 10〔Ω〕
3 15〔Ω〕
4 20〔Ω〕
5 35〔Ω〕
インピーダンス

リアクタンスを計算の中に入れるとき,コイルは,リアクタンスが40〔Ω〕なら虚数単位を j として j40,コンデンサはリアクタンスが20〔Ω〕なら -j20 とする.
(電気では i は交流電流の意味だから,虚数単位を j で表し,さらにその係数を後ろに書く習慣)
まず,抵抗とコイルが並列回路なので,
=\frac{1}{\frac{1}{40}+\frac{j}{j^2 40}}=\frac{1}{\frac{1}{40}+\frac{j}{-40}}=\frac{1}{\frac{1}{40}-\frac{j}{40}}
分母分子を40倍して,
=\frac{40}{1-j}
分母分子に 1+j をかけて,分母を有理化する.
=\frac{40(1+j)}{1-j^2}=\frac{40(1+j)}{1-(-1)}=\frac{40(1+j)}{2}=20(1+j)
これに,コンデンサ(-j20)が直列につながっているので,そのまま足し算する.
20(1+j)+(-j20)=20+j20-j20=20
答えは 20〔Ω〕
(答) 4

「虚数」をはじめて習うと「現実に存在するの?」という気持ちになるが,交流の電気回路(電磁気学)は虚数で表され,虚数がないと記述できない.
くろべえ: 存在とは
虚数で表される抵抗成分(リアクタンス)は,エネルギーを消費しない.
くろべえ: 虚数の存在

それにしても,冒頭に
「(参考)試験問題の図中の抵抗などは、旧図記号を用いて表記しています。」
とある通り,10年前までの記号(ギザギザ)である.今は,
抵抗記号
こんなで,学校の教科書やセンター試験はこれになっているが,自分も慣れていない(四角の中に何か字を書きたくなる).無線の国家試験がこれになるのはいつかな.
抵抗記号

つづく

無線工学 A-1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 B-1 2 3 4 5
法規 A-1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 B-1 2 3 4 5

2009年9月29日火曜日

GB250 オイル交換

去年12月以来.ずっと忘れていた.
63219km,前回より5000km くらい走っている.
XJRも去年の4月の車検以来,交換していないな.

>>GB250 クラブマン日記

2009年9月28日月曜日

2009年9月27日日曜日

GB250の燃費37km/L

金曜日,稲毛海岸の学校へ出張の帰り,天台でクラブマンに給油.
久しぶりに37km/L を超えた.海鮮丼ツーリングでまとめて走ったからだろう.

 119円/L * 11.40L = 1357円
 425.4km / 11.40L = 37.3157895 km/L
 (11.40L / 425.4km) * 100km = 2.67983075 L/100km

往路は県道8号を湾岸線まで南下するのが最短なので,船橋経由で行ったが,県道は道が狭い.
帰りは稲毛駅を抜けてR16で帰宅した.

>>GB250 クラブマン日記

2009年9月25日金曜日

晴海ツー

文化祭の代休.
ツーリングと呼べるほどの距離ではないが,往復60km.

合格したので,申請へ.

ネットで申請しようとしたら,「IE8は使えません」とのこと.
自宅にはIE7がないし,面倒なので,晴海の日本無線協会へ往復することにした.
「直接行けば文句ないだろう.」
ということで.

10時過ぎに出発.
松戸の七畝割からR6,言問橋へ曲がらず三ツ目通り直進,吾妻橋交番前右折で浅草通り,駒形橋前から清澄通りへ.
交通安全週間だから,あちこちに警察官.ところどころ白バイ.
先頭には出ずに車の間に挟まってゆっくり走る.

月島で晴海方面の案内があったので,辺見橋を左折で晴海3丁目に到着.11時ごろ.
晴海3丁目交差点にも警察官が立っていた.

目的地は,1度試験で来ているので様子はわかっている.

都内では二輪車の路駐も取り締まられるが,晴海くらいになると,車もいっぱい路駐していた.周辺を偵察して,大丈夫そうなので,無線協会のまん前に路駐していたトラックの後ろに停める.

申請だから10分もかからないだろう.
窓口で申請書を書いて,封筒などに自宅住所を書いて,お金払って終了.

隣のコンビニでお茶買って,走り出したのが,11時10分.
来た道をそのまま引き返す.
自宅近くでいろいろ買い物して帰宅.


ツーリング記録一覧

2009年9月24日木曜日

2009年9月23日水曜日

稲刈りツーより帰宅

8:45
雨の中,クリバラを出発.

8:49
若柳金成インター前で給油.
 127円/L * 13.51L = 1714円
 222.4km / 13.51L = 16.46188 km/L
 (13.51L / 222.4km) * 100km = 6.07464029 L/100km

雨の高速は走りたくないが,今日帰らねば1000円で帰れない.
来るときよりも空いていて,よく流れていた.

福島に入ると雨も上がり,磐越道は乾いていた.
阿武隈で昼食休憩.
阿武隈
皆,雨装備など解除.

12:12 阿武隈を出るとき給油
 129円/L * 11.90L = 1535円
 216.8km / 11.90L = 18.21848739 km/L
 (11.90L / 216.8km) * 100km = 5.488929889 L/100km
雨の中だったので,燃費がいい.といっても,やはり高速道路.下道でゆっくり走ると20km/L を超えることがある.

14:30 柏インター手前の守谷SAで休憩.

15:42 印西で最後の給油
 119円/L * 13.05L = 1553円
 238.6km / 13.05L = 18.2835249 km/L
 (13.51L / 222.4km) * 100km = 5.46940486 L/100km
16時帰宅.全行程で920km 走行.

その後,関西ツーリングから帰ってきた仲間の飲み会に合流.

>>XJR1300 日記

2009年9月21日月曜日

稲刈り

連休で稲刈りをするというので行ってみることに.
自宅
朝9時出発.

9:33 柏インターに入る前に給油
 128円/L * 15.61L = 1940円
 271.8km / 15.61L = 17.92876 km/L
 (15.61L / 271.8km) * 100km = 5.74319352 L/100km

12:21,阿武隈SA.そういえば,前回の阿武隈SAでは最悪燃費記録だった.>滝桜見物
今回はまぁまぁ.
 129円/L * 14.12L = 1821円
 211.8km / 14.12L = 15.00000 km/L すげぇ!割り切れた!
 (14.12L / 211.8km) * 100km = 6.66666666 L/100km


14時半,若柳金成を出て,栗駒山を望む.
栗駒山
マックスばりゅで焼酎など.

着いた.
くりばら
家の前はとっくに終わって,皆,もうひとつの田んぼに行ったというので,車を借りて向かうと,
稲刈り終了
こちらも稲刈り終了.

しかたがないので,落穂など.残念ながら,これはほとんど実が入っていない感じ.
落穂

これは家の前.
田
1週間くらい早いので,1番の稲刈り.

がんで入院していた叔父が,一時帰宅し,週末からまた入院というので,この時期になった.
機械を扱えるのが叔父だけなので.

XJR1300
440km走行

ツーリング記録一覧

>>XJR1300 日記

2009年9月20日日曜日

ミュージカル

3年のクラス発表のミュージカルが秀逸.
ステージと体育館の半面を使っての熱演.

ミュージカル

ミュージカル

劇とダンス.

2009年9月19日土曜日

279円

本日の所持金279円.

文化祭で昼飯でも・・・と思い,ついでに1000円札を崩そうと思ったら・・・
札が1枚もない.昨日の飲み会で全部使ったようで,お金をおろすのを忘れていた.
あるのは小銭279円.

うどんと駄菓子で終了.誰かに借りてもよかったが,そこまですることもなく.

2009年9月18日金曜日

マスク着用

文化祭はマスク着用.
体育館に集合
なかなか異様な風景.これこそ一生の思い出になる.

2009年9月17日木曜日

ベクトルの基本問題

(例題)△ABCにおいて,辺ABを3:2に内分する点をD,△ABCの重心をGとする.
そして,直線DGと辺ACの交点をE,直線DGと辺BCの延長線の交点をFとするとき,比 BC:CF を求めよ.

(回答例1)位置ベクトルの考え方.
\vec{\mathrm{AB}}=\vec{b}\vec{\mathrm{AC}}=\vec{c} とする.

これは,
「Aを原点とする.点Bの位置ベクトルを\vec{b},点Cの位置ベクトルを\vec{c} とする.」
と宣言し,
「平行でない,\vec{0}でないベクトルが2本あれば,他のベクトルはすべてその2本で表される」
という考えで問題を解いていく.つまり,登場するすべての点の位置ベクトルを
\vec{\mathrm{AB}}=\vec{b}\vec{\mathrm{AC}}=\vec{c} を使って」
表すというのが,解き方の方針となる.
三角形の問題の場合,それが空間内であっても.一つの平面内の議論なので2本で足りる.