2008年9月15日月曜日

マナカナはいなかった.

数学の出張で数学選手権大会に行ってきた.
主催は3月に金町であった人たち.マナカナがイメージキャラクターだったのにいなかったのは残念けど,一松先生がカクシャクとしていた.(変換したら「矍鑠」と出たけど・・・読めんな)

場所はパナソニックセンター.
待ち合わせより早めについたので,製品の展示を見た.というのは先月カメラが故障して今日は写真がない.展示のLUMIXを見てみた.

パナソニックセンターには RiSuPia なる面白いところがあるので,休憩時間に行ってみた.以前から知っていたがおもしろい.というより,自分のウンチクが実現したようなものばかり.こんなのが学校にあったらいいなー

大会のほうは,「団体戦」というのがいい.
数学は一人でやる印象があるけど,実は最先端の研究は,研究者同士の集まりから新たな着想に進むことが多い.最先端の数学者を世界中から集める Princeton の Institute for Advanced Study はそういう意味がある.
数学に限らず新技術や新理論というものは人と人とのふれあいの中から生まれる.先日のNHK「プロフェッショナル」でも新技術を次々生み出す人が,「学会でいろんな人の話を聞いたりした後,いろんなアイディアが浮かぶ」と言っていた.
それをこういう形で高校生に体験させるのがいい.

0 件のコメント:

コメントを投稿

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.