2008年3月4日火曜日

次から次へと

朝は単位の追認の成績会議.自分が提案者なので,早めに出勤.

1時間目は卒業式で配布する資料を作成.こういうのには凝ってしまうのだな.
「うーん,美しい」
どうしてもデザインから考えてしまう.それから担当者に書いてもらった文章をちょいと手直し.

2,3時間目は大好きな数学の授業.学校の仕事がこれだけなら,こんなに楽しいことは無い.
2時間目の授業から戻ると,「教頭が探してたよ」
あ,県教委に出す書類があったんだ!と思い出す.

3時間目に戻ると教務主任が
「企画委員会どうしたの?」
「へ?授業だったんだけど」
「ごめん!時間割見間違えた!」
午後の会議のための事前の会議だったのだが,授業じゃ無理だな.

さらに県に出す書類のことを教頭に確認をすると,やはり県の担当者から電話があったという.
とっとと作ってメールで送る.期限は昨日だった.
問題があったら,また電話来るだろう.

午後は会議.
全員集まるので,ついでに組合の役員選挙関係の書類を配ってしまう.
会議は,議論が白熱した.それもかなり「学校を良くしよう」という雰囲気の建設的な感じでよかった.

会議が終わると,予想通り,県から電話があったらしい.
ついでに自分にも同内容のメール.
なんのことはない,別の書類を送ってしまったのだ.それの期限は今月末.
まぁ担当者は古い知り合いのKさんだ.「ごめん!」で済ますか?

予算関係だったので,学年主任や事務などに確認しながら書類作成.
書類を作っているときに疑問があったので,書いてある電話番号にかけてみる.聞き覚えのある声だと思ったらKさんが直接出た.県教委の代表番号でなくて,デスク直通なのね.
「ごめーん!どもども!・・・」でいろいろ相談.

すぐにメールで送付.

今日は試験問題を作ろうと思っていたのにな・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.