2008年1月14日月曜日

たけしのコマ大

録画を見ていたら,出てきた3次方程式.
  「普通に因数定理でできるな.」
と思いながら見ていたら,カルダノがでてきてちょっとびっくり.タイトルは「ピタゴラス」でそれは紀元前の人.
カルダノは16世紀の人だから,「ピタゴラス」でカルダノの方法が出てきたのは意表を突かれたな.

サイト内検索:カルダノ

今回の問題は因数定理でできなくはないが,項が4つあるのは,たしかに計算が面倒.
カルダノのはじめの変数変換で2次の係数をなくしておくと,因数定理すら極めて楽になるということだ.
項の数は3つ以下に減るが,係数が分数になる可能性がある.
今回は分数にはならず,その上,定数項まで消えて2項になり,めでたしめでたし.

カルダノの方法の真髄はそんな簡単なことではなく立法完成にあるが,そこまでは使わずに,はじめの楽なところだけの登場であった.

2 件のコメント:

  1. あたしもいつも見てますよー、コマ大。
    最近はあまりに内容が難しすぎて本当に見るだけですけども。笑
    骨折治りました?

    返信削除
  2. あはは,夢の骨折.

    コマ大は高校の数学だけじゃないからね.高校数学であったとしても,メンドウなものが多いね.まぁ,カンタンだとつまらないけれども.

    返信削除

「コメントの記入者:」は「匿名」ではなく,「名前/URL」を選んで,なにかニックネームを入れてください.URL は空欄で構いません.