2003年12月14日日曜日

数学教育

新聞2003年11月24日朝刊の読者投稿より
「正答なのに減点」
私,元高校の数学教師.ある県立高校の女子生徒に,縁あって数学を個人的に教えている.
sin cosのある問題で,「公式を用いて解く方法と図を用いて解く方法があって――」と教えた.2学期の中間考査でこの種の問題が出た.生徒は図を描いて解く方法で答えた.正解にもかかわらず,20点満点のところ12点で4割も減点された.先生に減点の理由を聞きに行ったそうである.先生は「私は公式を用いて解く方法しか教えなかった.しかし君は別のやり方で解いた.それは授業を聞いていなかった証拠で,教えた通りの回答が出来なかったと解釈できるので減点した」とおっしゃる.生徒は「授業は聞き,両方の方法を知っていたが,図を使った方がすてきに思えた」と話している.
私は,減点はおかしいと思った.高校の教頭先生に電話で問い合わせたら,「教科内で採点基準を決めており,それに沿った決定」と言う.埒(らち)があかないので県教育委員会に電話し,事情を説明して抗議したが,それっきりであった.昔,教師をしていた高校の30周年記念の集いに出かけた折,数学科の先生に話すと,「減点は不当」との意見だった.
私の抗議を年寄りのたわごとと思っているのだろうか.正答なのに減点する.そんな数学教育を情けなく思う.

ここで批判されている人,実は知人.

この投稿を見ると,知人の行為は投稿者の言うとおり「そんな数学教育を情けなく思う」し,「減点は不当」とも思う.
が,知人の話を聞くと,この記事の元数学教師の投稿者は教育の意味(段階を踏んで少しずつ身に付けさせる)をわかっていない.

この問題は「算数で解くか,数学で解くかの違い」である.

鶴亀算でできれば,連立方程式は教えなくていいのか?
放物線の頂点を求められれば,微分は教えなくていいのか?
円の面積の公式を覚えれば,積分を教えなくていいのか?
掛け算の九九を暗記すれば群論は不要か?
積み木を分類できれば,トポロジーは不要か?

> 「私は公式を用いて解く方法しか教えなかった.しかし君は別のやり方で解いた.それは授業を聞いていなかった証拠で,教えた通りの回答が出来なかったと解釈できるので減点した」

これは誹謗中傷ですね.知人はそんな言い方をしていない.知人は授業中,生徒全体に
「これは数学Iの図を描く方法でもできるが,式変形だけでできるようになることが次の理解につながるので,次回の中間テストでは新しい方法が身についたかどうかで採点する.」
と採点基準を予告したと言っていた.
それで数学Iの方法を減点しなかったら,「うそつき」になってしまう.

数学Iの三角比は算数.数学IIの三角関数は数学.鶴亀算と連立方程式くらいの違いがある.
数学IIの三角関数の大多数は数学Iの図形的知識で解ける.難しい問題を数学を使わず,算数的に「図形的に解く」というのは「エレガントな解答」とも言え,「図を使った方がすてきに思えた」生徒の感覚は正しい.
だからといって,「数学II」の式変形の技術が不要だとは言えないのである.ここで式変形を身に付けてもらわなければ,次の内容が説明できないのだ.
次に続く加法定理や三角関数の合成の理解,さらには「数学III」につなげるには,毎回の計算を悠長に図形など使うわけにはいかない.「すらすらと計算だけでできる」ようになってほしいのだ.
投稿者によれば「数学IIは不要だ」とおっしゃる.これで元数学教師というのだからおそまつである.

>  私の抗議を年寄りのたわごとと思っているのだろうか.

まさしく,「教育」を理解しない人間のたわごとですね.
おそらく,自分の教え方のせいで減点され,自分の教育を否定された気がし,頭にきて知人や教頭や教育委員会に電話,新聞投稿したのだろう.このような頑迷な年寄りにはなりたくないものだ.「そんな数学教師を情けなく思う」よ.

最近,大学の先生の話を聞く機会があった.その中で
「学生はとにかく,答案が書けない.高校では,答案指導というものはしていないのか.やりかたがどうでも答さえ合っていれば,途中はどんなにめちゃくちゃでも『減点は不当だ』という.」
という話.おそらくこの新聞投稿者は30年以上にわたってそういう生徒(答えさえ合っていればなんでもいい)をたくさん育てたのだろう.
30周年記念の集いの元教師連中も同じ穴のムジナだ.
私は正答であってもきちんとした答案になっていなければ,減点するし,誤答でも途中過程が正しければ点数を与えている.そんなことはあたりまえだと思う.

もちろん,「実力テスト」や「知能検査」なら事情は逆.
数学IIの問題を数学Iの方法で解いたり,トポロジーを積み木の分類で解いたら,そちらのほうが得点を高くしたい.

2003年12月11日木曜日

大型二輪免許 実技試験第1回

期末考査中なので,試験監督に支障の無い午後に予約をしていた.
単車で行ったので,結構早めに着いた.
本館を通り抜け,裏に廻る.二輪棟に入ると待合ホールに
 「本日は2コース」
との掲示があったので,コースに出て下見をし,イメージトレーニング.
それでもたっぷり時間が余り,あちこちうろうろ.雨が降り出す.
12時半ごろ印紙の売店が開き,受験料4,400円分を貼ってもらう.

13時に受付開始.受付の周辺にいたから1番で受け付ける.
初めての実技試験なので,適性検査を受ける.
視力検査は問題なし.
そして,405番のゼッケンをもらい,実技試験の待合所に行く.
すると外国人がいたので話しかける.
「雨が降っていていやですねぇ.日本で免許取るのですか?」
「外国免許の切り換えです.今回が2度目.前回は右折時に右に寄らなくてだめだった.」
「へぇ,単なる書類上のことだけでなく,実技試験があるんだ.」
「でも,みなさんとは違うコースみたいだよ.」
いろいろ世間話.といってもいまいち日本語がお互い通じないので,ときどき英語を混ぜて.でも,こちらは全部英語で話せるほどの語学力は無い.

さっそく,試験の説明.事前審査のときと同じ試験官.やはりとても早口で,流れるように決まっている内容を説明.雨が降っているので,急停止は14m.
今日は大型5人,普通2人,小型1人.
その後,外国免許の切り換えの1人だけ呼ばれて説明を受けていたが,われわれよりも短いコースで,横で聞いていると,一本橋,スラローム,波状路はすべて時間制限なし.通過できればよいとのこと.基本は法規遵守運転を見るようだ.

さて,一番に受け付けたので,開始も一番.
車両はCB750だった.はじめに採点対象外の慣らし運転が出来る.
またがると,第1印象が
 「ひぇぇぇー,でっかいなぁー.やばいなー,転倒しないかなー」
発進してはじめの交差点を右折.
 「シフトはストロークが小さく確実で,いいフィールだな」
信号交差点の手間を右折,普通二輪のスラロームの脇をすりぬける.
 「うぅぅぅ,でかいよー」
慣らし運転といってもぜんぜん慣れない.
左折で通りに出てすぐ右折.そして,外周路に出て右折して,出発点に戻る.
ここで,モーターを切るという失敗をする.つまり,本試験開始の指示が車体のスピーカから出ない.モーターを切れば,当然そうなる.
すぐ気づいて,モーターをかけるとすかさず,
 「では,くろべえさん,始めてください.」

車周辺の安全を目視し,ハンドルを持ち,前ブレーキを握り,スタンドを払い,またがるとバランスを崩し,思わず右足を着いてしまう.
「う.やばい.右足はブレーキペダルだ」
ブレーキペダルを踏み,ミラーを直す.
右後方目視,右足を着き,チェンジペダルを1速.
左後方目視,左足を着き,ブレーキペダル.(足を着き直すたびにそちら側の後方確認が必要.つまりコースに出たら,停車時に足を着くのは左足のみで,右足は常にブレーキペダルに乗せておく.)
右後方目視後,右ウィンカー.右後方目視後,発進.コースに出てキープレフト.
先の障害物通過の針路変更のため,右ウィンカー,右後方目視,針路変更.
障害物通過中に左ウィンカー,左後方目視後,左へ針路変更.
外周路を廻る.
バックストレートは時速40キロ指定.一気に加速.気持ちいい.
カーブが近づき,前後輪のブレーキを同時3回に分けてブレーキング..
出発点脇を通るころ,右折に備え右ウィンカー,右後方目視,車線変更,右折,キープレフト.
信号は青.おっと,左右安全確認を忘れるところだった.もう交差点に入っていたが,一応左右に頭を振る.
左ウィンカーを出して,一時停止.また右足を着いてしまう.(右足はブレーキだっちゅうの!)
外周へ左折,キープレフト.
左ウィンカー,左後方目視,左へちょっとだけ針路変更,左折後すぐ道を横断する形になるので,左右に頭を振って,一本橋.
手前パイロンで一時停止後,スタート.
落ちそうになるので,加速.

「あぁぁ10秒なんて無理だよー.でかいなー」
道路を横切るとき左右に頭を振り,そのままスラローム.
で,2本のパイロンの間からスラロームに入らなければならないのに,左の外側から大きく廻って入ってしまった上,雨で怖くて,ぜんぜんスピードが出せない.
 「こりゃだめだー」
とあきらめムード.
左ウィンカー,左右確認,左折,
交差点通過.ここでは安全確認は忘れなかった.
左ウィンカー,一時停止.ってまた右足つき.
左折で,外周.
S字に左折,左折で通りに出て,青信号通過.
続いて,クランク.出口左折で,大きく膨らんでしまう.

外周走行中.「くろべえさん,点数が超過しました.戻ってください.」
 「やっぱり・・・」
左折して,信号交差点.左折して,そのまま直進し,外周から出発点に戻る.
車両を止め,アドバイスを受けに,望楼に登る.


「スラローム入り方を間違えちゃいましたね.一本橋が7秒台,スラロームが10秒台.もっと練習して慣れましょう.それから,走行中はレバー類に指をかけて走らないようにしましょう.」

あ.まったく意識から飛んでいた.知っていたのに・・・.車体の大きさに圧倒されて,ずっとレバーに手をかけ,シフトの下に足を入れていたような気がする.それじゃぁ受からない.まぁ,一本橋7秒台で15点減点,スラローム10秒台で20点減点で合計35点.それだけで試験中止だ.
でも,今回で課題が見えた.「大きさにビビらないこと」に限る.練習するといっても,私のとっての大型二輪の練習は,この試験の時だけ.次回に備えてイメージトレーニングを積むしかない.

その後,運転免許申請書に「適性試験合格」のスタンプが押され,「半年間は適正試験免除になりますから,次に受けるときはこれも一緒に出してください.」とのこと.

この日は5人受けて,1人合格.落ちる人は見ていて落ちる運転をしている.
自分もまったく落ちる運転をしていた.
予約を取ると次回は1月.1月は出張が多いので,それを避けて1月21日の午後にする.
やれやれ,いつ免許が取れるのか,先がまったく見えない.

>>参考


大型自動二輪免許 一発試験 合格マニュアル(幕張免許センター) トップ

2003年11月29日土曜日

フェンシング 2003年度 千葉県高等学校 新人大会

個人対抗 最終結果

  男子の部女子の部
1位山野邉賢太(柏陵)
河村悠(松戸)
2位村上鷹聡(柏陵)
田山ひとみ(検見川)
3位酒井憲人(柏陵)
宮山真里奈(日大習)
4位田原雄一郎(東葛飾)
田中万美子(八千西)
5位齋藤大地(日大習)
大塚唯乃(日大習)
6位清川源(検見川)
中根なゆた(東葛飾)
7位太田和文(日大習)
延原由夏(東葛飾)
8位梅原翔(八千西)
鈴木紀美恵(柏陵)

学校対抗 最終結果

  男子の部女子の部
優勝柏陵 検見川
準優勝日大習
柏陵
3位横芝敬
日大習
★2月1日 甲府市で開催する関東選抜大会に出場

2003年11月27日木曜日

接続障害顛末

25日朝から外からつながらなくなった.
サーバダウンだろうと25日夕方帰ってサーバを見たが異常なし.自宅からも普通に接続でき,外からだけがだめなのかもしれないので,AirH" でつないでNifty経由でも普通に見ることができた.

まぁ何かが不調だったのが直ったのだろうと,翌26日に学校からつなぐとやはりつながらない.
・・・もしかしてルータ?
・・・でもなぁ数週間異常がなかったのに,どうして昨日からだめになったのだろう.・・・
どうしてもわからないから,ping の結果や tracert の結果等をつけて,プロバイダとNTT東日本に質問のメールをだした.(NTTの質問フォームには文字数制限があってtracertの結果はつけられなかったけれど)

NTT は「回線異常なし,プロバイダの見解がないとなんともいえない.詳細な状況を知りたいので電話してほしい」という丁寧な回答.
プロバイダは「ルータが切断要求を出している.ルータの設定を確認してから改めて」との,あたりまえな回答.

ということで,ルータがあやしい.
帰宅後ルータの設定を確認すると「300秒で切断」の設定になっていた!
ルータは数週間前にファームウェアのアップデートをしたっきり,これまでまったく問題なかった.この数日で書き換わったのか?・・・

ではなかった.
ファームウェアをアップデートしたときに,300秒に切断の初期設定に戻ったのだ.
今まで切れなかった理由は,子どものパソコンが電源を入れっぱなしになっていて,開きっぱなしのメールソフトやブラウザ,メッセンジャー,それからウィルスソフト,ウィンドウズアップデート,その他のソフトがパケットの要求を数分おきに出していて,もしそのとき切断していても,つながっていて,切れる暇がなかったのだろう.
で,25日の朝,子どもが出かけるときにシャットダウンをしたのが,運のつき.
内部からパケットが飛ばなければ接続要求されない.
つながらなければ外からは当然見えない.

帰宅後つなげば,接続要求が出るから,そこから5分間は切断せず,その間に AirH" で外から見ても当然見えるはず.

きわめて初歩的な盲点を突かれました.
プロバイダ(interlink),NTTの方にはお騒がせ&ご迷惑をおかけしました.

2003年11月17日月曜日

大型二輪免許をとるぞ

今日は,土曜日(公開授業とPTA)の代休だったので,幕張の運転免許センターへ事前審査を受けに行った.

大型二輪免許の実技試験を受けるにはまず事前審査に合格しなければならない.
これは毎日朝一番,無料で実施されている.本試験のような予約も不要.いきなり行って「受けたい」というだけ.
ただし,グローブは必要で,普通二輪(400ccまで)の免許のない人はヘルメットも必要.

寝坊をして家を出たから8時半近かった.受付は9時までだからちょっとやばい.まぁ普通に単車で行ったら8時55分に免許センター到着.免許センター正面の駐輪場から,裏手にある二輪試験棟まではちょっと走る.二輪試験棟に入るとロビー奥に受付の机が並びその中の一つに「事前審査」の紙が張ってあって,そこに到着したのは8時58分.セーフ!
「事前審査を受けたいのですが」
「運転免許を出してください・・・普通二輪をお持ちですね.グローブはありますね,ではこの奥,外の技能試験待合所で呼ばれるまでお待ちください.」

技能試験待合所に行くと,本試験を受ける人たちがゼッケンをつけて待っている.待合所には試験コース図が,大型,普通,小型限定それぞれ2つずつ掲示されている.

ほどなく事前審査の人がさきほどの受付の人に呼ばれる.自分も含めて3人だけだった.

審査場所にはアスファルトには8の字に2本線が引いてあり,かなりぼろいナナハンが8の字の真ん中にサイドスタンドで置いてある.受付の人がそのまま試験官.
事前審査コース

「それでは事前審査を始めます.まず車体の左側に立って,スタンドをはずし,路面の8の字の線から出ないように,矢印の方向にゆっくりと押してください.元の場所まで押したら,サイドスタンドをかけてから右側に立ち,ゆっくり倒していったん手を離し,ゆっくり起こしてください.起こすときはどこを持ってもかまいません.終わり次第,ロビーに戻ってください.では受付順に行います.コグチさんどうぞ.」
20年前はセンタースタンドを立てるのがあったけど,無くなったようだ.
普通二輪免許(400まで)のある人は,ヘルメット不要.3人ともグローブをつけてノーヘルで事前審査.
コグチさんが8の字に押す.前輪を外側の線まで寄せると後輪は2本線の中央にあるから,内輪差にはかなり余裕があることがわかる.8の字の後半では前輪のブレーキが触れているらしくキーキー鳴っていた.
つづいてヨコボリさん.緊張したのか8の字を逆に廻ろうとして注意されるが,すぐにもとに戻って,難なくこなす.倒したときすぐに「では起こしてください」と言われてハンドルから手を離すまもなく起こしていた.
つづいて「くろべえさんどうぞ」.
ハンドルを握り,サイドスタンドをはずし押し始める.結構ハンドルの位置が高いから,てこの原理でコントロールしやすい.やはり自分の250ccにはない重さや大きさを感じながら8の字を終わる.
サイドスタンドを立て,車体の右に回り倒す.倒すとすぐに「起こしてください」と言われたが,余裕を持っていったん手を離し起こし始める.ハンドルと後ろのバンパーを持って持ち上げる.前後のバンパーのおかげで半分起きているといってよい.自分のGB250がべったり倒れているほうがよっぽど大変だぞ!

終わってすぐロビーに向かう.後ろでは試験官が試験車両を車庫に入れていた.
5分ほど待つと,試験官が事前審査合格証と,今後の試験の受け方を書いたプリントをくれて,早口で説明してくれた(きっと毎日説明して暗記しちゃってるのだろう).

終わってからさっそく本館で技能試験の予約を入れる.12月10日以降ということで,期末試験中で時間の取れる12月11日の午後にする.

予約してから,技能試験の様子を見学することにする.
試験官は望楼(試験場を見渡せる高い場所)に2人いて,同時に2台ずつ試験をしていた.21年前に中型(今の普通)二輪を千葉市坂月の試験場で受けたときは,試験官は乗用車助手席で後ろから追いかけていた.
採点は要所要所では双眼鏡を使ったりしているようだった.ふと見ると,ぜんぜん見ずに書類に書き込んだりしていて「ん?もう見るのやめたの?」と思うと,すでに帰還の指示が出されたようで,元の場所へ.試験中止だった.試験車両のバンパー(エンジンガード)にはスピーカーがついていて,試験官の声が出るようになっていた.

受験者の乗車を見ているといろいろ目に付き,参考にする.
「またがってからスタンド上げたらだめでしょう.」
「あの人キープ・レフトしてない.」
「あぁあ,右折時,右後方の確認してない」
「左折前に左によるときに,左後方見なきゃ・・・」
「あ.エンストした.エンジンふかすのはいいけど,回転数維持しないでクラッチつないだら止まるよなぁ」
「これは受からないなー」と思うとやはり帰還の指示が出る.

待合所のコース図をPDAのディジカメで撮影して帰る.
帰り道,船橋の伊藤楽器でトロンボーンのクリーニング用品などを買う.

で,午後からは地公労交渉.その他大勢の一人として県庁へ.
地公労交渉
結局進展なしで,給料カットです.やれやれ



大型自動二輪免許 一発試験 合格マニュアル(幕張免許センター) トップ

2003年11月16日日曜日

トロンボーンを買った

今まで使っていたトロンボーンがぼろかったので,新しいのがほしいと思っていたが,数年前から単車とトロンボーンどっちにするか迷い,結局今年になって単車にしてしまった.
最近,友人が2人も新しいトロンボーンを買ったので,つられて買ってしまった.

KING2102LSLA
KING2102LSLA
(2B ジグス・ウィグハム・ショート)

楽器屋の文より.
ライトウェイトモデル仕様のジグス・ウィグハムモデルをベースに主管の入り込み部分を短くしたショートチューニングスライドモデル.主管は殆ど抜かずに演奏し,第1ポジションでのヴィヴラートなどの自由度が利くように配慮されている.(抜いてしまうと響きに纏まりがなくなる.) 第7ポジションは根性で下げろ! あるいはないと思ってイイ!ということになる.
ビル・ワトラスのBACHも同じように改造している.


とにかく,楽器が軽くて反応も恐ろしく早いのが特徴で,その割にペラペラした感じにはならず,ソリスティックな演奏などではむしろレギュラーの2Bよりも柔らかく,太い感じの響きをキープできる魅力があります.

とのこと.

trombone

2003年11月3日月曜日

娘お手柄

昨日,娘が露出狂を捕まえ警察に突き出した.

駅で電車を待っているとき出遭ったそうだ.「ここで見過ごしたら被害者が増える」と歩み寄り,
 「やめてください」
しらを切るので
 「てめーこのやろー!ざけんじゃねーぞ,ごルルルルあーー!○■※△!」
殴ってやろうと思ったらしいが,警察に突き出すのが目的なので,手は出さなかったようだ.
近くのほかの男性に声をかけて協力を求めたが,だれも応じなかったらしい.
騒ぎを聞きつけて駅員が駆け寄り,
 「それではちょっと待っててください,警察を呼びます.」
ちょっと待っててって,その間に逃げられたらどうすんだ?
実際逃げようともがくので,ずっと捕まえていたそうだ.

さて,パトカー到着,現行犯逮捕で手錠をはめられ,連行.
娘も被害者の事情聴取で警察へ.
最後に「余罪もありそうだから,徹底的に懲らしめてください」と言ったそうだから,今週中に送検,起訴だな.
罪状は公然わいせつ罪.

それにしても,駅にいたほかの男どもは役に立たないやつらばかりだったようで,そっちのほうが頭に来たといっていた.

2003年11月2日日曜日

志賀草津道路ツーリング

11月中旬に閉鎖されるまでに,行こうと思っていた.
この日は晴天で大正解.

3:30
出発


3時前に起き,飯を食い準備をして出発.
今回は日帰りで軽装.着替え,タオル,デジカメ,電池,パソコン.
これだけ持って出発.
パソコンは地図サイトで調べた地図画像を保存してあるが,
実際はそんなものは見ない.
パソコンを持った理由は後述.

3:44
満タン給油


松戸市稔台のセルフ給油の店で.地方のガソリン店は高いかもしれないので,
こちらでできるだけ満タンにする.セルフ給油なので,あふれる直前,ぎりぎりまで入れる.91円/リッターの看板のところ出光カード割引で89円.
ここでメータを0に戻す.
ガソリン屋のコンビニで,飲み物調達.のつもりが,

「カードは使えません.」

ガソリンの支払いには使えても,買い物は無理なようだ.
金をおろすのを忘れたので財布には2千円くらいしかない.
現金は,観光地のカードを使えない店で使うかもしれないので,買い物はやめ.
ローソンを見つけたら寄ることにする.
ルートの予定はR6から松戸でR298へ,戸田市でR17,渋川でR353,中之条でR145,
そして志賀草津道路(R292)を往復しようという予定.
給油後,松戸市七畝割からR6,そしてR298に入り,葛飾大橋をわたる.
そのまま未明の外環道の下の道を疾走する.
高速道路は金がかかるので,原則使わない.
そもそも,安く上げるために単車を使っているのだ.
「旭町」の標識通過.旭町ってどこにでもあるのだな.
外環道にはコンビニはないので,走るのみ.
「鳩ヶ谷」の行き先表示がでる.
来週の8日は法事で鳩ヶ谷市の予定.
アルコールが入りそうだから電車で行くつもりなのだが,
歩くのが面倒だから単車にしようかな.
単車なら「車なので飲めません」で済むし.
なんてことを考えながら走る.
予定では美女木ジャンクションから,首都高5号線の下を走る
R17
に入る予定だったが,先に出た「R17」の標識に惑わされて,
2キロほど手前にある狭いほうの
R17
に入ってしまう.
「R17」の表示ではなく「首都高埼玉線」の表示まで待てばよかったのだ.
こちらは旧国道らしく,道も狭いし,たくさんある信号も間隔が無秩序で時間がかかる.
しかし,こちらは外環道とちがって店がたくさん立ち並んでいるので,
コンビにも豊富.
左側にあるローソン見つけてはいることにする.

4:20
ローソン立ち寄り


飲み物に温かいお茶と,リップクリームを買う.
ここで20分ほど休憩し,地図をチェックしたり,防寒マフラーを巻きなおしたり,
いろいろやる.
さて,新幹線をくぐってから,R16に合流.
これがもともと入ろうとしていた広いほうの
R17.
表示はR16
でも,ここはR16,R17が両方の区間.
片側二車線で走りやすく,信号も優先的.
もちろんスピードには気をつけて走る.
鴻巣市箕田で右折して,熊谷バイパスにはいるところ,直進してしまう.
次の交差点でUターン.
そして,10kmほど先の次の深谷バイパスに入り.3km走って上武国道にはいらなければならない.
上武国道でも入るのを間違えてしまったが,
このときはUターンではなく,細い道に右折してすぐに戻ることができた.
いままでのバイパスは並行しているので,まちがって進んでも,夜中なので「街中の信号がうっとうしい」くらいで済むが,この上武国道は表示こそ同じR17でもまったく違う経路をたどり,すぐに利根川を渡って北上し前橋市に直結している.
これを普通のR17に入ってしまうと,
前橋の南西に位置する高崎市まで10kmほど遠回りすることになる.
利根川を渡るころ,そらが白み始め,
前橋市でR50のT字路を左折する頃には,太陽が見え始めた.
前橋市内は以前,フェンシングの関東大会で宿泊.
車で行ったら,駅から不便な宿を割り当てられた覚えがある.
そのときの旅館の手ぬぐいがまだあるな.
フェンシングは中下の代だったな.
中下は落研の部長で,夜,壁に向かって落語の練習をしていた.
フェンシング部の部長は,落研の副部長だった.

7:13
給油2


さて,前橋市内でもう一度満タン給油する.
ここで給油すれば家に着くまでに給油不要.
事前にネットで調べておいた24時間営業の出光に向かう.
そこは多少,高崎に戻る感じ.
前橋市と高崎市の境目にある大八木というところにあった.
97円の看板だった.やはり松戸よりは高い.
でも,前橋市内は98円が多かった.
実際は出光カード割引で96円だった.
前回の給油から140km
走っている.
これであと450km
くらい走れるから,
十分に家に着く.
この先は出光の前を走る県道25号線を渋川市へ北上し,
17号線には戻ることなく,
県道33号線へ左折する予定だったが,
結局,左折できず北上直進したらR17に出てそこから,
草津方面のR353に入る.
中之条で
R145となる.

9:15
吾妻渓谷到着


いくらなんでも渋川からこんなに時間がかかった理由は,
朝早かったので,途中のドライブインにあったぼろいベンチで,
昼寝(朝寝?)をしたから.
単車のシートに足を乗せて楽チン熟睡.
なんだか渋滞していて,たくさん人も歩いていたので,
止めて紅葉見物.
紅葉
>>拡大
吾妻渓谷
>>拡大
この先にちょっとした駐車場があって,入れない車が止まって大渋滞.
>>拡大

9:45
志賀草津道路R292


大津交差点を草津方面R292に右折.
右折直後,紅葉が眼前に
>>拡大
草津温泉ではまず朝風呂に入る予定だったが,
途中休憩しすぎで10時を近かったから,
そのまま志賀草津道路へ向かう.
車が多くゆっくりしか走れない.
追い越し禁止ではないところが多いので,
ところどころで抜かすものの,ずーっと状況は変わらない.

「1km先,駐停車禁止」

の標識はある.はじめは「道路に止めて景色を眺めるなという意味かな・・・」
と思っていたが,そうではない.その場所に着くと,

「この先500m区間硫化水素ガス発生地区につき道路上に止まらないで通過してください.」

こっ,怖い.車なら窓を閉めて通過すれば,死ぬことはなさそうだけど,
二輪は外気にさらされているから,万一高濃度で発生していたら,一息で即死だ.
息を止めて通過しようとしたけど,全然だめで,硫黄のにおいをいっぱい嗅いだ.

10:35
国道最高点



>>拡大
最高点からの眺望
>>拡大
タクシー運転手のガイドによると,富士山も見えるときもあり,
また,長野オリンピックのおかげでこの道路もきれいに整備され,
国道最高点の表示が石造りになったそうだ.
それにしても,日差しが強い.
10分休憩後走り出す.
いい眺め
>>拡大

12:10
長野県側の麓に到着


山之内町の道の駅で350円のかけうどんを食べる.
>>拡大
この空の青さ.紫外線がすごいな.
もう少し下り,カードで支払えるローソンで飲み物調達.

12:40
引き返す


帰りは道がすいていて,ガンガン走る.
>>拡大
葉がすべて落ちた木.笹はずっと緑色.
>>拡大
つづら折りの道がつづく
>>拡大
パズルか?
>>拡大
白根山.山頂の火口湖,湯釜を見る人たちが行列になっている.
>>拡大
自分は根性がないので,登らない.
火口湖の画像はネットにあるしょう.

14:40
草津温泉
湯畑


有名な湯畑
>>拡大
パソコンを持ってきたのは,「草津湯畑ライブカメラ」に自分が写るかな?
と思ったから.
ネットにつないでカメラを操作したが,とても人物を特定させられなかったのであきらめる.
戻ってきてから,カメラの操作をいろいろ試したら,真下の道路を写せば,
パソコンを操作している人間くらいの形がわかりそうなことが判明.
次回挑戦しよう.

15:15
共同湯


共同湯「巽の湯」
>>拡大
草津温泉は基本的に「熱い」らしいが,
ここはそれほどでもないという情報をネットで得た.
源泉から離れているから,勝手に適温までさめるらしい.
草津温泉のよさは熱さだという人にとっては物足りないのだろうが,
疲れを取りたいだけの自分にとって,
時間をかけてゆっくり入るのがベスト.
共同湯の中ではトップクラスの浴槽の広さと,高い天井で,
十分リラックス.
単車の人も地元の人も入っていた.
共同湯は,地元の人が管理しているので,
マナーを守り感謝して入れてもらう.
風呂桶が散乱していたので,片付ける.
先客の単車
>>拡大

16:10
草津出発


その後,もう一度,湯畑のほうに戻ったりもしたが,
日も傾いてきたので,帰ることにした.
帰りはどこもかしこも大渋滞.
とくにR17に抜けるR353は,ぎっちり.
道がせまいので,ビッグマシンはすり抜けられない.
止まることが苦手で,走り続けることしかできないマグロのような私は,
ビッグマシンを尻目に,ガンガンすり抜ける.
R17
も前橋市内までずぅーーーっと渋滞.
こちらは片側2斜線で,道も広いので,二輪は大きさにかかわらずすり抜け.
帰りは来た道をそのまま引き返す.
疲れたら,ファミレスで休むつもりで走っていたが,
結局,休みなしで走り続けた.
21:30自宅に到着.走行552km.


>>2004年4月29日みどりの日,志賀草津道路へ「雪の回廊」を見に行った.



ツーリング記録一覧
>>GB250 クラブマン日記

2003年10月14日火曜日

帰宅

栗駒山ツーリング> 10月12日 10月13日 10月14日

天気予報では東北が雨のち晴.関東が曇りのち雨.
なんだ.今日は雨の中走りっぱなしに・・・

9時半小雨の中,出発.
今日は2歳と6歳の頃住んだ石巻市に行き,松島を周って帰る.

古川市で給油.初日から750km.
国道108号線をひた走り東へ.

石巻市伊原津に12時ごろ到着.
6歳の頃,保育園にかようバス停のところに山があったのだが,その山を突き抜ける形でトンネルになっていた.バス停付近はその道路の陸橋下.

そこから渡波駅方面へ抜けてみる.渡波駅は線路のカーブは覚えている.
2歳の1年間は消防署の裏に住んでいたのだが,さっぱりわからない.
そのまま伊原津方面へ行き,小学校の通学路をなぞってみる.緑のおじさんがいた横断歩道は歩道橋になっていた.
水産加工会社の敷地を近道したことなどが思い出される.
当時は建物がまばらで,人気がなかったが,家や会社が密集しパチンコ屋とか店が密集している.
パチンコ屋やガソリン屋のある大きな通りは,7歳当時すでに工事がはじまっていて,そのころはまだ盛り土の上に砂利がひかれた道だった.

小学校は湊第2小.建物は新しい.が,自分がいた昭和43年に新築された体育館はそのままだった.
昔は,木造校舎で石炭(コークス?)ストーブだった.

さて,懐かしめのツーリングを終え,帰途を松島にとる.
松島で,少し景色を楽しむ.本当に美しい.
雨の松島も格別.でも,ぬれるので写真はまったくなし.

あとはひたすら走るのみ.

相馬市の道の駅で休憩.
遅い昼食としてカレーライスを食べたが,早い晩飯としてうどんも追加した.

いわき市で前方が明るいのが見える.「天気がいいの?」
勿来では雲が切れ,太陽が出,虹がちょっとだけ見えた.
ここからはそれまでと違って,快適ツーリング.

牛久市の信号待ちではトレーラーのおじさんに「どこまで行ったの?」と聞かれ「2泊で栗駒山」

6号線はかなり渋滞していたが,予定通り8時ごろ家に着く頃には,合羽も手袋も車体もすべて乾き,帰宅時には快適なツーリングを終えた.3日で1150km走りました.

栗駒山ツーリング> 10月12日 10月13日 10月14日



ツーリング記録一覧
>>GB250 クラブマン日記

2003年10月13日月曜日

紅葉見物

栗駒山ツーリング> 10月12日 10月13日 10月14日

朝6時は大雨.でも,天気予報にあわせて休める身分じゃないので,紅葉見物決行!

ゆっくり朝食を取り出発の9:30ごろには雨はあがり,曇り空.これならOK.一応合羽を着て出発.

母が先週火曜日に来たときは4km手前の「いこいの村」付近から渋滞していたようだが,朝,雨だったせいか渋滞していない.

終点のいわかがみ平まで一気に上る.40分くらいで到着.登ると雲海が美しい.
>>拡大
上のほうは道路も乾き,走りやすかった.


アイスを買ってみる.

>>拡大
駐車場はいっぱい.

>>拡大
でも,どんどん下から登って来るので,列が伸び始めた.
駐車場は終点で抜け道もないからどうしようもない.

>>拡大
雲海の手前.

>>拡大

>>拡大
見事.

つづいて,世界谷地湿原.

栗駒山は何度も入ったことはあるが,ここは行ったことがないので行ってみる.
>>拡大
世界谷地への道は林の中を抜けて気持ちがよい.ツーリングの醍醐味.

湿原へ続く遊歩道.


広々としていて,紅葉も美しい.

>>拡大

赤とんぼ



すすき
>>拡大

さらにつづいて,峠から荒砥沢ダムに降りる.
この道が広く見通しがいいので,楽しい.
もう一度戻って,合計3回走ってしまった.
初めてステップを擦る.

>>拡大
ダムの上から下を見下ろす.
この道は狭いので,攻められない.

さて,3時をまわったのでおりることにしたが,父の実家に行ってみると,長男のいとこが一人で農作業(稲の棚かけ)をしていた.ちょっとおじゃまして世間話をしていると,別の叔父から電話.「こっちも寄れ」というので,またまた栗駒山の大峰森まで戻り,世間話.

本日の走行約300km.

栗駒山ツーリング> 10月12日 10月13日 10月14日



ツーリング記録一覧
>>GB250 クラブマン日記

2003年10月12日日曜日

紅葉見物出発

栗駒山ツーリング> 10月12日 10月13日 10月14日

金曜日の天気予報では関東地方が雨で,東北が晴れ.
これは東北に紅葉を見に行くしかない.
ということで,朝10時に出発.
国道6号線で行くことにする.

時間と距離を見ながら,1時間に60km進めなければ,時間がかかるので高速道路を使うと決めた.
11時ごろ石岡市を通過したとき距離は70kmを超えたので,このまま行けば,全行程420kmを正味7時間以内で走りきることができることがわかり,高速道路代を節約することにした.

昼食は12時高萩市のラーメン屋.ここで宿泊予定の親戚に連絡を入れる.
あとはひたすら走るのみ.

一本道だと思いこんで走っていると,いつの間にか「県道56」なんてことに?
地図で見ると6号線は勿来で「右折」だったのだ.
おそらく道路の行き先表示はあったのだろうが,一本道と思い込んでいたので,1kmほど進んでしまった.
右折したらすぐに6号線があった.
この先は4号線合流までとにかく一本道.

4号線合流時点15:51,326kmで給油.平均速度は昼飯時間を入れても56km/h.(昼飯30分を除けば61km/h)
なかなかいいペース.
前回給油からは340km走行で,10.7L.リッター32km程度.ハイペースで走った割には上出来.
この給油でトイレ休憩などを取る.

目的地近くの金成町到着が17時過ぎ.晩のビールを求めて「ウジエスーパー」,マックスバリュに行ってみるが残念ながら扱っていないのでローソンを探して調達.
マックスバリュの目の前に酒を扱うセブンイレブンがあったが,次の月のガソリン値引きに反映させるために断じてクレジットカードの使えるローソンを利用する.
「ウジエ」は訛ってるのかな.

18時には目的地の栗駒町の親戚宅に到着.430km 走行.

天気予報を見ると,日曜も月曜も雨!
せっかく雨から逃げてきたのに・・・

栗駒山ツーリング> 10月12日 10月13日 10月14日



ツーリング記録一覧
>>GB250 クラブマン日記

2003年9月30日火曜日

修理

北海道ツーリングで,GB250のFブレーキレバーが折れ,Rブレーキペダルが戻らなくなり,さらにドライブチェーンが伸びてセンタースタンドやチェーンカバーにカンカン当たるようになったので,この際全部直した.

Rブレーキが戻らなくなったのは,シューが磨り減りさらにブレーキカムが磨り減って動きが悪くなったせいらしいので,全部交換してもらった.
チェーンも消耗品.一番安いものをつけてもらう.
「初期伸びがあるので1000km走ったら調整してください」
とのこと.今度は自分でやってみよう.

白っぽいのはグリスが新しいから.

それにしても,ブレーキとチェーンを新しくしただけでかなり乗りやすくなった.

チェーンが新しく張っているので,今まで感じなかったチェーンの回る振動が車体に伝わり,「新しいって,いい感じ」.
チェーンが新しくなって,ギアチェンジがスムース.チェーンが緩んでいるときはギアに力がかからず,チェンジできないことがあった.

Rブレーキは,戻らなくなる前もシューの磨り減りの分を調節していなかったらしく,かなり踏み込まなければ利かなかった.今度はちょっと踏めばブレーキが利き,こちらも操作性がよくなった.
今後は自分で踏みしろを調節しよう.

北海道に行ったときにかなり泥まみれになったのだが,そのまま修理に出したら,車体の泥が落とされて戻ってきた.タイヤやマフラーをはずす作業なので,掃除をしなければ作業できないわけだが,二輪車屋さん,ありがとう.
くろべえ くろべえ

>>GB250 クラブマン日記

2003年9月24日水曜日

ウィルスメールが来た

Worm.Automat.AHB なるウィルスに感染した,q236978.exe が添付されたメールが来た.

ヘッダによると,from アドレスが microsoft だけど,ある日本の大学のサーバから送信されている.まぁウィルスに感染してるのだろうな.
さらに q236978 なんていうファイルも,いかにもセキュリティパッチのようだし,HTML メールの内容も microsoft サイトのデザインを真似ている.

なかなか手が込んでる.

2003年9月12日金曜日

液体酸素

を理科の先生が見せてくれた.
うすい青色をしていた.
空の青と関係ある?

2003年9月7日日曜日

またもや京都

18きっぷが残ってしまっていたので,5日深夜からまたもや京都へ行った.

今回夜行の指定券は当然売り切れていたので,3分前に東京を発つ小田原行きに乗り,小田原で待ち伏せ,小田原から発生する自由席に乗り込む.
土曜日なので,すし詰め状態.少し酔ってしまって酔い止めを飲んだ(基本的に弱いので酔い止めはいつも持参).

指定席車両は,自由席よりは通路が空いているので,途中で3号車に移動.
はじめはデイバッグに腰掛けて寝ていたけれど,枕にして横になる.冷房の寒さ対策に大き目のウィンドブレーカを着ていたのだが,それで床に横になる分にはまったく抵抗がなかった.
先月は指定席でリクライニングシートでも,よく眠れなかったが,今回通路でも横に伸びることによって十分に熟睡できてよかった.

名古屋
>>拡大
の手前で寝ているそばの座席が空き,座ることができた.ちょうど朝なので,起床.(ほんとに起床だ!)

名古屋でトイレ休憩.(混雑で列車のトイレにはたどり着けない.)
切り離し作業
>>拡大

京都では1日乗車券(1200円)を使う.
>>拡大
バスも快速,でも各駅が信号で追いついてしまう.
京都にいきたかったのは,NHK,プロジェクトXで桂離宮をやっていたからだが,参観申し込みをしていなかったので,同じプロジェクトXでつながりでまずは金閣寺を見る.
>>拡大
緑が美しい.紅葉の季節はいいだろうなぁ.
>>拡大

外国人がたくさんいて,いろんな言葉がとびかっていた.
>>拡大

次に参観申し込みをしていない桂離宮を門外からでもすこしは垣間見られるかな?
と門まで行くことにした.
>>拡大
行って気づいたが,土曜日は官公庁はお休みで,垣間見るどころではなかったけれど,桂川を散策できたのでGOOD.
>>拡大
猫が暑さでへぱってた.
>>拡大

つづいて比叡山に行くことにした.比叡山は初体験.

地下鉄で国際会館へ行き,そこから大原行きのバスに乗って途中下車しケーブル乗り場に行くことにする.
>>拡大
国際会館は,1990年,国際数学者会議が行われたところなので,ちょっと見てみようと思った.
>>拡大
「比叡山の叡の字は,トワいちハハ目又なんだよー」(バビットの数え歌)とか口ずさみながらケーブルカーとロープウェイで登る.
>>拡大
眺望は最高.
>>拡大


時間がないので,比叡山シャトルバスのはじめのバス停で降り,東塔へ.

>>拡大
バスからは琵琶湖もよく見えた.
歴史を感じて帰る.

帰りのバス路線は,国際会館へ戻る系統と,祇園のほうから京都駅に向かう系統があるが,暑いので乗ってしまう.
教え子が,京都大学に何人かいるので,建物でも見てみようと国際会館からそちら方面のバスの時間を見たが,うまく合わないので,地下鉄に乗る.たくさんの系統の走る駅で降りる.バスはすぐに来る.同志社大学と京都大学の建物を見ることができた.

初めの予定では,15:00ころ新京極で食事とお土産の調達でもしようと思っていたが,バスが祇園を通過したのが,15:30 過ぎ.ここから渋滞でにっちもさっちも動かない.

JR船橋駅の最終に間に合うには16:28京都発に乗らねばならない.
前回は東武野田線の最終に間に合うために 15:58 に乗ったが,今回は船橋駅に単車を置いたので,1時間半ほどゆっくりできたが,バスがゆっくりしすぎ.

地下鉄乗り換えのバス停の1つ手前でバスを下車,駅まで走り地下鉄に乗れたのが,16:21.
京都駅下車 16:27 もうだめだと思ったが,とりあえずホームまで駆け上がる.ホーム到着16:29だったが,ちょうど列車が到着してドアが開いたところ.列車は2分遅れだった.網干からくる列車だからこれくらいは遅れるのかな.
もし間に合わなければ,新幹線でワープするしかない.京都米原間は3000円以上.せっかく18切符 2300円で京都を往復しようというのに,これではしょうがない.間に合ってよかった.

大津のからは琵琶湖越しに比叡山がよく見えた.

あとは米原で豊橋行きに乗り換え,
>>拡大
浜松,静岡,沼津,品川,秋葉原で乗り換え船橋到着午前1時.

ムスメのお土産に,牛丼屋にあったバイト情報誌 Town Work京都版を持ち帰った(爆)
「えっ?京都でバイト?」

くろべえ: 旅行記一覧